13.2.4. Kafka Bridge コンシューマーのトピックへのサブスクライブ

subscription エンドポイントを使用して、Kafka Bridge コンシューマーを 1 つ以上のトピックにサブスクライブします。サブスクライブすると、コンシューマーはトピックに生成されたすべてのメッセージの受信を開始します。

手順

  • 前述の「トピックおよびパーティションへのメッセージの作成」の手順ですでに作成した bridge-quickstart-topic トピックに、コンシューマーをサブスクライブします。

    curl -X POST http://localhost:8080/consumers/bridge-quickstart-consumer-group/instances/bridge-quickstart-consumer/subscription \
      -H 'content-type: application/vnd.kafka.v2+json' \
      -d '{
        "topics": [
            "bridge-quickstart-topic"
        ]
    }'

    topics アレイには、例のような単一のトピック、または複数のトピックを含めることができます。正規表現に一致する複数のトピックにコンシューマーをサブスクライブする場合は、topics アレイの代わりに topic_pattern 文字列を使用できます。

    リクエストが正常に行われると、Kafka Bridge は 204 No Content コードのみを返します。

次のステップ

Kafka Bridge コンシューマーをトピックにサブスクライブしたら、コンシューマーからメッセージを取得できます。

その他のリソース