第9章 Service Registry を使用したスキーマの検証

AMQ Streams では、Red Hat Service Registry を使用できます。

Service Registry は、API およびイベント駆動型アーキテクチャー全体で標準的なイベントスキーマおよび API 設計を共有するためのデータストアです。Service Registry を使用して、クライアントアプリケーションからデータの構造を切り離し、REST インターフェースを使用して実行時にデータ型と API の記述を共有および管理できます。

Service Registry では、メッセージをシリアライズおよびデシリアライズするために使用されるスキーマが保存されます。その後、クライアントアプリケーションからスキーマを参照して、送受信されるメッセージとこれらのスキーマの互換性を維持するようにします。Service Registry によって、Kafka プロデューサーおよびコンシューマーアプリケーションの Kafka クライアントシリアライザーおよびデシリアライザーが提供されます。Kafka プロデューサーアプリケーションは、シリアライザーを使用して、特定のイベントスキーマに準拠するメッセージをエンコードします。Kafka コンシューマーアプリケーションはデシリアライザーを使用して、特定のスキーマ ID に基づいてメッセージが適切なスキーマを使用してシリアライズされたことを検証します。

アプリケーションがレジストリーからスキーマを使用できるようにすることができます。これにより、スキーマが一貫して使用されるようにし、実行時にデータエラーが発生しないようにします。

その他のリソース