第1章 OpenShift での Skupper Operator の使用

Skupper Operator は、OpenShift で AMQ Interconnect サイトを作成し、管理します。

Skupper Operator をデプロイする場合、2 つのオプションがあります。

すべての namespace
クラスターで作成されたすべての Skupper サイトは、調整のために共通の サイトコントローラー Pod を共有します。
特定の namespace
サイトコントローラー Pod は、site ConfigMap を適用する各 namespace に作成されます。これは、「CLI を使用した AMQ Interconnect サイトの設定」で説明されているように skupper init と同じです。

以下の方法のいずれかを使用して Skupper Operator をデプロイできます。

注記

Operator をインストールするには、OpenShift クラスターの管理者権限が必要です。

Operator のインストール後に、「Skupper Operator を使用したサイトの作成」 で説明されているように、ConfigMap をデプロイしてサイトを作成できます。

1.1. CLI を使用した Operator のインストール

本セクションの手順では、kubectl コマンドラインインターフェース (CLI) を使用して、指定の OpenShift クラスターに最新バージョンの Skupper Operator をインストールし、デプロイする方法を説明します。

手順

  1. クラスター管理者として OpenShift にログインします。以下に例を示します。

    $ kubectl login -u system:admin
  2. 「Red Hat コンテナーレジストリーの認証 」で説明されている手順を実行します。
  3. すべての namespace の Operator サブスクリプションを作成するには、以下を実行します。

    1. 以下の内容で、subscription.yaml という名前のファイルを作成します。

      apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
      kind: Subscription
      metadata:
        name: skupper-operator
        namespace: openshift-operators
      spec:
        channel: alpha
        installPlanApproval: Automatic
        name: skupper-operator
        source: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
        startingCSV: skupper-operator.v0.6.0
    2. サブスクリプション YAML を適用します。

      $ kubectl apply -f subscription.yaml
  4. 特定の namespace の Operator サブスクリプションを作成するには、その namespace で Operator グループを作成してから、サブスクリプションを作成する必要があります。

    1. 以下の内容で、operator-group.yaml という名前のファイルを作成します。

      kind: OperatorGroup
      apiVersion: operators.coreos.com/v1
      metadata:
        name: skupper-operator
        namespace: my-namespace
      spec:
        targetNamespaces:
        - my-namespace

      my-namespace は、サイトを作成する namespace の名前になります。

    2. Operator グループ YAML を適用します。

      $ kubectl apply -f operator-group.yaml
    3. 以下の内容で、subscription.yaml という名前のファイルを作成します。

      apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
      kind: Subscription
      metadata:
        name: skupper-operator
        namespace: my-namespace
      spec:
        channel: alpha
        installPlanApproval: Automatic
        name: skupper-operator
        source: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
        startingCSV: skupper-operator.v0.6.0

      my-namespace は、サイトを作成する namespace の名前になります。

    4. サブスクリプション YAML を適用します。

      $ kubectl apply -f subscription.yaml