1.2. OpenShift コンソールを使用した Skupper Operator のインストール

このセクションの手順では、OperatorHub を使用して、指定の OpenShift namespace に最新バージョンの Skupper Operator をインストールし、デプロイする方法を説明します。

OpenShift 4.1 以降では、Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用することにより、ユーザーはクラスター全体で実行されるすべての Operator およびそれに関連するサービスのライフサイクルをインストール、更新、および一般的に管理することができます。これは、Kubernetes のネイティブアプリケーション (Operator) を効果的かつ自動化されたスケーラブルな方法で管理するために設計されたオープンソースツールキットである Operator Framework の一部です。

前提条件

  • cluster-admin アカウントを使用して OpenShift 4.1 クラスターへアクセスします。

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、OperatorsOperatorHub に移動します。
  2. 利用可能な Operator の一覧から Skupper Operator を選択してから Install をクリックします。
  3. Operator Installation ページで、2 つの Installation mode オプションを利用できます。

    • クラスター上のすべての namespace
    • クラスター上の特定の namespace

      この例では、クラスター上の特定の namespace を選択します。

  4. Operator をインストールする namespace を選択してから Install をクリックします。

    Installed Operators ページページが表示され、Operator のインストールのステータスが表示されます。

  5. AMQ Interconnect Operator が表示され、StatusSucceeded に変更されるまで待機します。
  6. インストールに成功しない場合は、エラーのトラブルシューティングを行ってください。

    1. Installed Operators ページで、Skupper Operator をクリックします。
    2. Subscription タブを選択し、失敗またはエラーを表示します。

Operator のインストールについての詳細は、OpenShift ドキュメントを参照してください。