1.3. Skupper Operator を使用したサイトの作成

  1. 作成するサイトの ConfigMap を定義する YAML ファイルを作成します。

    たとえば、skupper-site.yaml を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: skupper-site
      namespace: my-namespace

    「コンソールを使用した AMQ Interconnect サイトのモニタリング」の説明にしたがってコンソールのクレデンシャルを取得するか、以下のようにユーザー名を追加し、任意で skupper-site.yaml にパスワードを指定して、コンソール認証情報を取得できます

    data:
      console-user: "admin"
      console-password: "changeme"
  2. YAML を適用して、使用する namespace に skupper-site という名前の ConfigMap を作成します。

    $ kubectl apply -f skupper-site.yaml
  3. Skupper ルーターおよびサービスコントローラー Pod が実行されていることを確認して、サイトが作成されていることを確認します。

    $ kubectl get pods
    
    NAME                                          READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    skupper-router-8c6cc6d76-27562                1/1     Running   0          40s
    skupper-service-controller-57cdbb56c5-vc7s2   1/1     Running   0          34s
    注記

    Operator を単一 namespace にデプロイしている場合、追加のサイトコントローラー Pod も実行されます。

改訂日時: 2021-08-22 20:27:04 +1000