コンソールを使用した AMQ Interconnect サイトのモニタリング

Red Hat AMQ 2021.Q2

AMQ Interconnect 2.0 テクノロジープレビューでの使用

概要

本ガイドでは、AMQ Interconnect サイトおよびサービスネットワークを監視する方法について説明します。

前書き

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。これは大規模な取り組みであるため、これらの変更は今後の複数のリリースで段階的に実施されます。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージをご覧ください。

重要

AMQ Interconnect 2.0 テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat では、これらについて実稼働環境での使用を推奨していません。

テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview を参照してください。

第1章 コンソールを使用した AMQ Interconnect サイトのモニタリング

Skupper コンソールは、サイト間のトラフィックレベルなど、サービスネットワークに関する有用な情報を提供します。

skupper console

1.1. Skupper コンソールへのアクセス

デフォルトでは、Skupper コンソールは、サービスネットワークルーターを作成するたびに使用可能で、skupper-console-users シークレットで利用可能な認証情報で保護されます。

手順

  1. skupper CLI を使用して Skupper コンソール URL を決定します。以下に例を示します。

    $ skupper status
    Skupper is enabled for namespace "west" in interior mode. It is not connected to any other sites. It has no exposed services.
    The site console url is:  https://skupper-west.apps-crc.testing
  2. Skupper コンソール URL を参照します。認証情報のプロンプトは、サイトが skupper init を使用してどのように作成されたかによって異なります。

    • --console-auth unsecured オプションを使用すると、認証情報の入力を要求されません。
    • --console-auth openshift オプションを使用すると、OpenShift クラスターの認証情報を入力するように求められます。
    • デフォルトまたは --console-user <user> --console-password <password> オプションを使用すると、AMQ Interconnect の認証情報を入力するように求められます。
  3. デフォルト設定 skupper init を使用してサイトを作成した場合には、admin ユーザー用にランダムなスワードが生成されます。パスワードを取得するには、以下を実行します。

    1. admin ユーザーのエンコードされたパスワードを取得します。

      $ oc get secret skupper-console-users -o yaml| grep admin
      
      admin: Sk5aV3pNSHR5Zw==
    2. admin ユーザーのパスワードをデコードします。

      $ echo -n "Sk5aV3pNSHR5Zw==" | base64 --decode
      
      JNZWzMHtyg

1.2. Skupper コンソールの確認

Skupper コンソールは、以下の概要を表示します。

  • サービス: サービスネットワーク上で公開されるサービス (ローカルおよびリモートの両方)
  • サイト: 現在のサービスネットワーク上の AMQ Interconnect インストール
  • デプロイメント: 公開されるサービスに関連するデプロイメント

    1. OpenShift チュートリアルを使用してサービスネットワークを作成する
    2. Skupper コンソールに移動します。
    3. Sites メニューアイテムをクリックします。east サイトおよび west サイトはどちらも、丸で表示されているはずです。
    4. west の丸を、east の丸の左側にドラッグアンドドロップします。
    5. Table タブをクリックして、サイトをテキスト項目として表示します。このビューでは、選択したサイトに関連する詳細にドリルダウンすることができます。
    6. Deployments メニュー項目をクリックします。このビューでは、サービスネットワーク上のサービスとして公開されるすべてのデプロイメントが表示されます。この場合、コンソールには hello-world-backend(east) デプロイメントが表示されます。
    7. Services メニュー項目をクリックして、サービスネットワーク上で公開されるすべてのサービスの詳細を表示します。

      注記

      2 つのサービスがチュートリアルには含まれていますが、1 つのサービス (hello-world-backend) のみがサービスネットワーク上で公開されます。

    8. Sites メニューを再度クリックし、コンソールの右側にあるパネルを展開します。このパネルには、バックエンドからフロントエンドへのトラフィックフローが表示されます。

改訂日時: 2021-08-27 00:36:20 +1000