第4章 テクノロジープレビュー

ここでは、AMQ Broker 7.8 のテクノロジープレビュー機能について説明します。

重要

テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は、実稼働環境での使用は推奨していません。詳細は、「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

AMQP サーバー接続
AMQ Broker 7.8 では、ブローカーは AMQP プロトコルを使用して他のエンドポイントへの接続を開始できます。たとえば、ブローカーは他の AMQP サーバーに接続できることを意味し(必ずしも AMQ Broker のインスタンスではない)、これらのコネクションで要素を作成できます。詳細は、Apache ActiveMQ Artemis ドキュメントの「ブローカー 接続 」を参照してください。
Fuse Console でのブローカーの表示

AMQ Management Console ではなく、OpenShift の Fuse Console を使用するように Operator ベースのブローカーデプロイメントを設定できます。ブローカーデプロイメントを適切に設定した場合、Fuse Console はブローカーを検出し、専用の Artemis タブに表示されます。詳細は、『 AMQ Broker on OpenShift のデプロイ 』の「 Fuse Console でのブローカーの表示 」を参照してください。

注記

Fuse Console でブローカーを表示することは、Fuse 7.8 の テクノロジープレビュー機能です。