第1章 AMQ Broker 7.8 の長期サポート

AMQ Broker 7.8 は長期サポート(LTS)リリースバージョンとして指定されています。バグ修正とセキュリティーアドバイザリーは、少なくとも 12 カ月間、一連のマイクロリリース(7.8.1、7.8.1、7.8.1 など)で AMQ Broker 7.8 で利用できます。

つまり、新しいマイナーリリースにアップグレード しなくても、AMQ Broker の最新のバグ修正およびセキュリティーアドバイザリーを取得できます。

LTS リリースストリームに関する次の重要な点に注意してください。

  • LTS リリースストリームでは、バグ修正のみが提供されます。このストリームには新しい機能拡張は追加されません。
  • サポート対象の設定を維持するには、LTS リリースストリームの最新マイクロリリースにアップグレードする必要があります。
  • LTS バージョンは、AMQ Broker 7.8.0 GA のリリースから少なくとも 12 カ月間サポートされます。

Red Hat Enterprise Linux および OpenShift Container Platform のサポート

AMQ Broker 7.8 LTS バージョンは以下をサポートします。

  • Red Hat Enterprise Linux 6、7、8
  • OpenShift Container Platform 3.11、4.5、および 4.6

Red Hat Enterprise Linux および OpenShift Container Platform のサポートについて、以下の重要な点に留意してください。

  • AMQ Broker 7.8 は、Red Hat Enterprise Linux 6 および OpenShift Container Platform 3.11 をサポートする 最新バージョン です。
  • Red Hat は、AMQ Broker 7.8 が OpenShift Container Platform の今後のバージョンで (バージョン 4.6 以上)でサポートされていることを保証しません

AMQ Broker 7.8 LTS マイクロリリースで解決された問題の詳細は、「AMQ 7 Broker - 7.8.x Resolved Issues 」を参照してください。