第3章 非推奨の機能

ここでは、AMQ Broker で非推奨となった機能について説明します。

Hawtio ディスパッチコンソールプラグイン
7.3 より、AMQ Broker には Hawtio ディスパッチコンソールプラグイン dispatch-hawtio-console.war が含まれなくなりました。以前のバージョンでは、ディスパッチコンソールが AMQ Interconnect の管理に使用されていました。ただし、AMQ Interconnect は独自のスタンドアロン Web コンソールを使用するようになりました。
ネットワーク pinger
7.5 以降では、ネットワークの pinging は非推奨の機能です。ネットワークの ping 送信は、復元不可能なメッセージ損失の原因となるネットワーク分離の問題からブローカークラスターを保護することができません。この機能は今後のリリースで削除されます。Red Hat は、ネットワークの ping 送信を使用する既存の AMQ Broker デプロイメントを引き続きサポートします。ただし、Red Hat では、新規デプロイメントでのネットワーク ping 送信の使用を推奨しません。高可用性を確保するためにブローカークラスターを設定する方法や、ネットワーク分離の問題を回避するために、『 AMQ Broker の設定』の「高可用性の実装」を参照してください。
OpenShift Container Platform 上の AMQ Broker のアプリケーションテンプレート
7.8 より、OpenShift Container Platform に AMQ Broker をデプロイするためのアプリケーションテンプレートの使用は非推奨になった機能になりました。この機能は今後のリリースで削除されます。Red Hat は、アプリケーションテンプレートに基づく既存のデプロイメントのサポートを続けます。ただし、Red Hat は、新規デプロイメントにアプリケーションテンプレートを使用することは推奨していません。新規デプロイメントについては、Red Hat は AMQ Broker Operator を使用することを推奨します。Operator のインストールおよびデプロイに関する詳細は、『OpenShift での AMQ Broker のデプロイ』の「AMQ Broker Operator を使用した OpenShift Container Platform での AMQ Broker のデプロイ」を参照してください。