Menu Close

1.2.4.3. Windows での 7.2.x から 7.3.0 へのアップグレード

手順

  1. AMQ Broker アーカイブのダウンロード の手順に従って、Red Hat カスタマーポータルから必要なアーカイブを ダウンロードします。
  2. ファイルマネージャーを使用して、アーカイブを AMQ Broker の最後のインストール時に作成したフォルダーに移動します。
  3. zip ファイルを右クリックし、Extract All を選択して、ファイルの内容をディレクトリーに展開します。
  4. 以下のコマンドを入力してブローカーが実行している場合は停止します。

    BROKER_INSTANCE_DIR\bin\artemis-service.exe stop
  5. ファイルマネージャーを使用してブローカーをバックアップします。

    1. BROKER_INSTANCE_DIR フォルダーを右クリックし、Copy を選択します。
    2. 同じウィンドウを右クリックし、Paste を選択します。
  6. (オプション)ブローカーの現行バージョンをメモします。ブローカーが停止すると、以下のような行がログファイルの末尾に表示されます。これは、BROKER _INSTANCE_DIR \log\artemis.log にあります。

    INFO  [org.apache.activemq.artemis.core.server] AMQ221002: Apache ActiveMQ Artemis Message Broker version 2.6.3.amq-720001-redhat-1 [4782d50d-47a2-11e7-a160-9801a793ea45] stopped, uptime 28 minutes
  7. BROKER_INSTANCE_DIR\etc\artemis.profile.cmd および BROKER_INSTANCE_DIR\bin\artemis-service.xml 設定ファイルを編集して、ARTEMIS_HOME プロパティーをアーカイブの抽出時に作成される新しいディレクトリーに設定します。

    ARTEMIS_HOME=NEW_INSTALL_DIR
  8. BROKER_INSTANCE_DIR\etc\artemis.profile.cmd 設定ファイルを編集して、JAVA_ARGS 環境変数を設定し、正しいログマネージャーバージョンを参照します。

    JAVA_ARGS=NEW_INSTALL_DIR\lib\jboss-logmanager-2.0.3.Final-redhat-1.jar
  9. BROKER_INSTANCE_DIR\bin\artemis-service.xml 設定ファイルを編集して、正しいログマネージャーバージョンを参照するようにブートストラップクラスパスの開始引数を設定します。

    <startargument>Xbootclasspath/a:%ARTEMIS_HOME%\lib\jboss-logmanager-2.0.3.Final-redhat-1.jar</startargument>
  10. アップグレードされたブローカーを起動します。

    BROKER_INSTANCE_DIR\bin\artemis-service.exe start
  11. (オプション)ブローカーが実行され、バージョンが変更されたことを確認します。ブローカーの起動後に、BROKER _INSTANCE_DIR \log\artemis.logログファイルを開き、以下のような 2 つの行を見つけます。ブローカーの稼働後にログに表示される新しいバージョン番号に注意してください。

    INFO  [org.apache.activemq.artemis.core.server] AMQ221007: Server is now live
    ...
    INFO  [org.apache.activemq.artemis.core.server] AMQ221001: Apache ActiveMQ Artemis Message Broker version 2.7.0.redhat-00054 [0.0.0.0, nodeID=554cce00-63d9-11e8-9808-54ee759954c4]

関連情報

  • ブローカーのインスタンス作成に関する詳細は、「ブローカーインスタンスの作成」を 参照してください。
  • ブローカーインスタンスの設定ファイルおよびデータを、ブローカーインスタンスのディレクトリー外の場所を含む、カスタムディレクトリーに格納できるようになりました。BROKER_INSTANCE_DIR\etc\artemis.profile ファイルで、ブローカーインスタンスの作成後にカスタムディレクトリーの場所を指定して、ARTEMIS_INSTANCE_ETC_URI プロパティーを更新します。以前のバージョンでは、これらの設定ファイルとデータは、ブローカーインスタンスのディレクトリー内の \etc ディレクトリーおよび \data ディレクトリーにのみ保存できました。