Menu Close

1.2.4. ブローカーインスタンスの 7.2.x から 7.3.0 へのアップグレード

以下のサブセクションでは、異なるオペレーティングシステムの 7.2.x ブローカーインスタンスを 7.3.0 にアップグレードする方法を説明します。

1.2.4.1. 非推奨のディスパッチコンソールによる例外の解決

7.3.0 以降、AMQ Broker には Hawtio ディスパッチコンソールプラグインである dispatch-hawtio-console.war は同梱されなくなりました。以前のバージョンでは、AMQ Interconnect の管理にディスパッチコンソールを使用していました。ただし、AMQ Interconnect は独自のスタンドアロン Web コンソールを使用するようになりました。この変更は、以降のセクションのアップグレード手順に影響します。

ブローカーインスタンスを 7.3.0 にアップグレードする前に追加のアクションを実行すると、アップグレードプロセスにより以下のような例外が生成されます。

2019-04-11 18:00:41,334 WARN  [org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext] Failed startup of context o.e.j.w.WebAppContext@1ef3efa8{/dispatch-hawtio-console,null,null}{/opt/amqbroker/amq-broker-7.3.0/web/dispatch-hawtio-console.war}: java.io.FileNotFoundException: /opt/amqbroker/amq-broker-7.3.0/web/dispatch-hawtio-console.war.

アップグレードの成功に影響を及ぼすことなく、前述の例外を無視しても問題ありません。

ただし、アップグレード中にこの例外が表示されないようにする場合は、最初に既存のブローカーインスタンスの bootstrap.xml ファイルで Hawtio ディスパッチコンソールプラグインへの参照を削除する必要があります。bootstrap.xmlファイルは、ブローカーインスタンスの{instance_directory}/etc/ディレクトリにあります。以下の例は、AMQ Broker 7.2.4 インスタンスの bootstrap.xml ファイルの内容の一部を示しています。

<broker xmlns="http://activemq.org/schema">
....
   <!-- The web server is only bound to localhost by default -->
   <web bind="http://localhost:8161" path="web">
       <app url="redhat-branding" war="redhat-branding.war"/>
       <app url="artemis-plugin" war="artemis-plugin.war"/>
       <app url="dispatch-hawtio-console" war="dispatch-hawtio-console.war"/>
       <app url="console" war="console.war"/>
   </web>
</broker>

AMQ Broker をバージョン 7.3.0 にアップグレードする際に例外を回避するには、前述の例のように <app url="dispatch-hawtio-console" war="dispatch-hawtio-console.war"/> の行を削除します。次に、後続のセクションで説明されているように、変更したブートストラップファイルを保存し、アップグレードプロセスを開始します。

重要

AMQ Broker 7.1.0 以降では、デフォルトでローカルホストからのみ AMQ 管理コンソールにアクセスできます。コンソールにリモートアクセスを設定する方法は、「 Configuring local and remote access to AMQ Management Console 」を参照してください。