Menu Close

1.2.2.2. Windows での 7.0.x から 7.1.0 へのアップグレード

7.0.x ブローカーをアップグレードする前に、Red Hat AMQ Broker 7.1.0 をインストールし、一時的なブローカーインスタンスを作成する必要があります。これにより、7.0.x ブローカーのアップグレードに必要な 7.1.0 設定ファイルが生成されます。

前提条件

  • AMQ Broker をアップグレードする前に、ターゲットリリースのリリースノートを確認してください。

    本リリースノートでは、ターゲットリリースにおける重要な機能拡張、既知の問題、および動作の変更を説明します。

    詳細は、AMQ Broker 7.1 リリースノート を参照してください。

  • 7.0.x ブローカーをアップグレードする前に、最初にバージョン 7.1 をインストールする必要があります。

    Windows に 7.1 をインストールする手順は、「 Installing AMQ Broker 」を参照してください。

手順

  1. 実行中の場合は、アップグレードする 7.0.x ブローカーを停止します。

    > BROKER_INSTANCE_DIR\bin\artemis-service.exe stop
  2. ファイルマネージャーを使用してブローカーのインスタンスディレクトリーをバックアップします。

    1. BROKER_INSTANCE_DIR フォルダーを右クリックし、Copy を選択します。
    2. 同じウィンドウを右クリックし、Paste を選択します。
  3. 7.0.x ブローカーの BROKER_INSTANCE_DIR/etc/ ディレクトリーで artemis.profile ファイルを開きます。

    1. ARTEMIS_HOME プロパティーを更新し、その値が AMQ Broker 7.1.0 のインストールディレクトリーを参照するようにします。

      ARTEMIS_HOME="7.1.0_INSTALL_DIR"
    2. 更新した行の1つ下の行で、プロパティー ARTEMIS_INSTANCE_URI を追加して、7.0.x ブローカーインスタンスディレクトリーを参照する値を割り当てます。

      ARTEMIS_INSTANCE_URI="file://7.0.x_BROKER_INSTANCE_DIR"
    3. JAVA_ARGS プロパティーに jolokia.policyLocation パラメーターを追加し、以下の値を割り当てて更新します。

      -Djolokia.policyLocation=${ARTEMIS_INSTANCE_URI}/etc/jolokia-access.xml
  4. 7.1.0 ブローカーインスタンスを作成します。作成手順では、7.0.x から 7.1.0 へのアップグレードに必要な設定ファイルが生成されます。以下の例では、インスタンスが upgrade_tmp ディレクトリーに作成されることに注意してください。

    > 7.1.0_INSTALL_DIR/bin/artemis create --allow-anonymous --user admin --password admin upgrade_tmp
  5. 一時的な 7.1.0 インスタンスの etc ディレクトリーから 7.0.x ブローカーの BROKER_INSTANCE_DIR/etc/ ディレクトリーに設定ファイルをコピーします。

    1. management.xml ファイルをコピーします。

      > cp TEMPORARY_7.1.0_BROKER_INSTANCE_DIR/etc/management.xml 7.0_BROKER_INSTANCE_DIR/etc/
    2. jolokia-access.xml ファイルをコピーします。

      > cp TEMPORARY_7.1.0_BROKER_INSTANCE_DIR/etc/jolokia-access.xml 7.0_BROKER_INSTANCE_DIR/etc/
  6. 7.0.x ブローカーの BROKER_INSTANCE_DIR/etc/ ディレクトリーで bootstrap.xml ファイルを開きます。

    1. 以下の 2 つの行をコメントアウトまたは削除します。

      <app url="jolokia" war="jolokia.war"/>
      <app url="hawtio" war="hawtio-no-slf4j.war"/>
    2. 以下の行を追加して、直前の手順で削除された 2 つの行を置き換えます。

      <app url="console" war="console.war"/>
  7. アップグレードしたブローカーを起動します。

    > BROKER_INSTANCE_DIR\bin\artemis-service.exe start

関連情報

ブローカーのインスタンス作成に関する詳細は、「ブローカーインスタンスの作成」を 参照してください。