Menu Close

4.3. JVM メトリクスを収集するためのブローカーの設定

以下の手順では、ガベージコレクション(GC)、メモリー、およびスレッドの Java 仮想マシン(JVM)メトリクスを収集するようにブローカーを設定する方法を説明します。

前提条件

手順

  1. <broker-instance-dir>/etc/broker.xml 設定ファイルを開きます。
  2. Prometheus メトリクスプラグインを有効にする際に設定に追加した <metrics> 要素で、ブローカーがガベージコレクション(GC)、メモリー、およびスレッドに対して JVM メトリクスを収集するかどうかを指定します。以下は例になります。

    <metrics>
        <jvm-gc>true</jvm-gc>
        <jvm-memory>true</jvm-memory
        <jvm-threads>true</jvm-threads>
        <plugin class-name="org.apache.activemq.artemis.core.server.metrics.plugins.ArtemisPrometheusMetricsPlugin"/>
    </metrics>
    注記

    設定に jvm-memory パラメーターを明示的に追加したり、値を指定したりしない場合、ブローカーはデフォルト値の true を使用します。これは、ブローカーはデフォルトで JVM メモリーメトリクスをエクスポートすることを意味します。jvm-gcおよびjvm-threadsパラメータのデフォルト値はfalseです。

  3. broker.xml設定ファイルを保存します。ブローカーは、有効にした JVM メトリクスの収集を開始します。これらのメトリクスは Prometheus 形式にもエクスポートされます。