Menu Close

第1章 ブローカーのアップグレード

1.1. アップグレードについて

Red Hat は、AMQ Broker の新しいバージョンを カスタマーポータル にリリースします。ブローカーを最新バージョンに更新し、最新の機能強化および修正があることを確認します。通常、Red Hat は AMQ Broker の新バージョンを以下の 3 つの方法でリリースします。

メジャーリリース
AMQ Broker 6 から AMQ Broker 7 など、アプリケーションがあるメジャーリリースから次のメジャーリリースに移行する場合は、メジャーアップグレードまたは移行が必要です。この種のアップグレードについては、本書では扱いません。これまでの AMQ Broker リリースからアップグレードする方法は、「 Migrating to Red Hat AMQ 7 」を参照してください。
マイナーリリース
AMQ Broker では、マイナーリリースを定期的に提供します。マイナーリリースは、新機能やバグ修正が含まれる更新です。AMQ Broker マイナーリリースを別のリリースにアップグレードする計画がある場合(AMQ Broker 7.0 から AMQ Broker 7.1 など)、プライベート、サポートされていない、またはテクノロジープレビューコンポーネントを使用しないアプリケーションには、コードの変更は必要ありません。
マイクロリリース
AMQ Broker は、マイナーな機能強化および修正が含まれるマイクロリリースを定期的に提供します。マイクロリリースは、7.7.0 から 7.0.2 など、最後の数字のマイナーリリースバージョンを増分します。マイクロリリースはコードの変更を必要としませんが、一部のリリースには設定の変更が必要になる場合があります。