Menu Close

5.3.2. JMS API および AMQ JMS クライアントを使用したブローカーの管理

JMS メッセージを使用して管理操作を呼び出すには、AMQ JMS クライアントは特別な管理キューをインスタンス化する必要があります。

手順

  1. QueueRequestorを作成して、管理アドレスにメッセージを送信し、返信を受信します。
  2. Messageを作成します。
  3. ヘルパークラスorg.apache.activemq.artemis.api.jms.management.JMSManagementHelperを使用して、メッセージに管理プロパティを記入します。
  4. QueueRequestorを使ってメッセージを送信します。
  5. ヘルパークラスorg.apache.activemq.artemis.api.jms.management.JMSManagementHelperを使用して、管理応答から操作結果を取得します。

例5.2 キュー内のメッセージ数の表示

以下の例は、JMS API を使用して JMS キュー exampleQueue でメッセージの数を表示する方法を示しています。

Queue managementQueue = ActiveMQJMSClient.createQueue("activemq.management");

QueueSession session = ...
QueueRequestor requestor = new QueueRequestor(session, managementQueue);
connection.start();
Message message = session.createMessage();
JMSManagementHelper.putAttribute(message, "queue.exampleQueue", "messageCount");
Message reply = requestor.request(message);
int count = (Integer)JMSManagementHelper.getResult(reply);
System.out.println("There are " + count + " messages in exampleQueue");