Menu Close

第5章 管理 API の使用

AMQ Broker には、ブローカーの設定変更、新規リソースの作成(アドレスやキューなど)の作成、これらのリソース(現在のキューに現在保持されるメッセージ数など)を検査し、それらと対話する(たとえば、キューからメッセージを削除するために使用できる)豊富な管理 API があります。

さらに、クライアントは管理 API を使用してブローカーを管理し、管理通知にサブスクライブできます。

5.1. 管理 API を使用した AMQ Broker の管理方法

管理 API を使用してブローカーを管理する方法は 2 つあります。

  • JMX(JMX)の使用は、Java アプリケーションを管理する標準的な方法です。
  • JMS メッセージと AMQ JMS クライアントを使用して JMS APIListenerExternalmanagement 操作を使用するとブローカーに送信されます。

ブローカーを管理する方法は 2 つありますが、各 API は同じ機能をサポートします。JMX を使用してリソースを管理する可能性がある場合は、JMS メッセージおよび AMQ JMS クライアントを使用して同じ結果を実現することもできます。

この選択は、特定の要件、アプリケーション設定、および環境によって異なります。管理操作の呼び出し方法に関係なく、管理 API は同じになります。

管理対象リソースごとに、このタイプのリソースに対して呼び出すことができる Java インターフェースが存在します。ブローカーは、org.apache.activemq.artemis.api.core.managementパッケージで管理されたリソースを公開します。管理操作を呼び出す方法は、JMX メッセージまたは JMS メッセージと AMQ JMS クライアントが使用されるかどうかによって異なります。

注記

管理操作によっては、操作の影響を受けるメッセージを選択するために filter パラメーターが必要なものもあります。null または空の文字列を渡すと、すべてのメッセージ で管理操作が実行されることを意味します。