Menu Close

3.3. AMQ 管理コンソールへのアクセス

本セクションの手順では、以下の方法を説明します。

  • ローカルブローカーからの AMQ 管理コンソールを開く
  • ローカルブローカーのコンソールセッション内から他のブローカーに接続する
  • ローカルブローカーの外部からアクセスできる IP アドレスを使用して、リモートホストからローカルブローカーのコンソールインスタンスを開きます。

前提条件

手順

  1. Web ブラウザーで、ローカルブローカーのコンソールアドレスに移動します。

    コンソールのアドレスはhttp://<host:port>/console/loginです。デフォルトのアドレスを使用している場合は、http://localhost:8161/console/login に移動します。それ以外の場合は、& lt;broker-instance-dir> /etc/bootstrap.xml設定ファイルの web 要素の bind 属性に定義されたホストおよびポートの値を使用します。

    図3.1 コンソールのログインページ

    AMQマネジメントコンソールのログインページ
  2. ブローカーの作成時に作成したデフォルトのユーザー名とパスワードを使用して、AMQ 管理コンソールにログインします。
  3. 別のリモートブローカーに接続するには、ローカルブローカーのコンソールセッションからリモートブローカーに接続します。

    1. 左側のメニューで、Connect タブをクリックします。
    2. メインペインで、リモート タブの Add connection ボタンをクリックします。
    3. 接続の 追加 ダイアログボックス で、以下の詳細を指定します。

      Name (名前)
      my_other_brokerのようなリモート接続の名前。
      Scheme
      リモート接続に使用するプロトコル。非セキュアな接続の場合はhttpを、セキュアな接続の場合はhttpsを選択してください。
      ホスト
      リモートブローカーの IP アドレス。このリモートブローカーのコンソールアクセスがすでに設定されている必要があります。
      ポート
      リモート接続に使用するローカルブローカーのポート。<broker-instance-dir>/etc/bootstrap.xml 設定ファイルの web 要素の bind 属性に定義されたポート値を指定します。デフォルト値は 8161 です。
      パス
      コンソールアクセスに使用するパス。console/jolokiaを指定します。
    4. 接続をテストするには、Test Connection ボタンをクリックします。

      接続テストに成功した場合は、Add ボタンをクリックします。接続テストに失敗した場合は、必要に応じて接続の詳細を確認し、変更します。接続を再度テストします。

    5. Remote ページで、追加した接続の Connect ボタンをクリックします。

      リモートブローカーのコンソールインスタンスに対して、新しい Web ブラウザータブが開きます。

    6. ログイン ダイアログボックスで、リモートブローカーのユーザー名とパスワードを入力します。Log In をクリックします。

      リモートブローカーのコンソールインスタンスが開きます。

  4. リモートホストからローカルブローカーのコンソールに接続するには、Web ブラウザーでローカルブローカーの Jolokia エンドポイントを指定します。このエンドポイントには、リモートコンソールアクセスの設定時にローカルブローカーに指定した外部からアクセスできる IP アドレスが含まれます。以下は例になります。

    http://192.168.0.49/console/jolokia