第5章 AMQ Broker サンプルの実行

AMQ Broker には、製品の基本的な機能と高度な機能を示すプログラムが多数含まれています。これらのサンプルを実行して、AMQ Broker の機能を理解することができます。

AMQ Broker のサンプルを実行するには、最初に Apache Maven および AMQ Maven リポジトリーをインストールおよび設定してマシンを設定する必要があります。次に、Maven を使用して AMQ Broker サンプルプログラムを実行します。

5.1. AMQ Broker の例を実行するためのマシンの設定

含まれる AMQ Broker サンプルプログラムを実行する前に、最初に Maven および AMQ Maven リポジトリーをダウンロードしてインストールし、Maven 設定ファイルを設定する必要があります。

5.1.1. Maven のダウンロードおよびインストール

Maven は AMQ Broker サンプルを実行するために必要になります。

手順

  1. Apache Maven Download ページに移動して、お使いのオペレーティングシステムの最新ディストリビューションをダウンロードします。
  2. オペレーティングシステムの Maven をインストールします。

    詳細は『Installing Apache Maven』を参照してください。

その他のリソース

5.1.2. AMQ Maven リポジトリーのダウンロードおよびインストール

Maven をマシンにインストールしたら、AMQ Maven リポジトリーをダウンロードしてインストールします。このリポジトリーは、Red Hat カスタマーポータルから入手できます。

  1. Web ブラウザーで https://access.redhat.com/downloads/ に移動し、ログインします。

    製品のダウンロード ページが表示されます。

  2. Integration and Automation セクションで、Red Hat AMQ Broker リンクをクリックします。

    Software Downloads ページが表示されます。

  3. Version ドロップダウンメニューで必要な AMQ Broker バージョンを選択します。
  4. Releases タブで、AMQ Broker Maven リポジトリーの Download リンクをクリックします。

    AMQ Maven リポジトリーファイルは zip ファイルとしてダウンロードされます。

  5. マシンで、AMQ リポジトリーファイルを選択したディレクトリーに展開します。

    新しいディレクトリーがマシンに作成されます。このファイルには、maven-repository/ という名前のサブディレクトリーに Maven リポジトリーが含まれます。

5.1.3. Maven 設定ファイルの設定

AMQ Maven リポジトリーのダウンロードおよびインストール後に、リポジトリーを Maven 設定ファイルに追加する必要があります。

手順

  1. Maven settings.xml ファイルを開きます。

    settings.xml ファイルは通常 ${user.home}/.m2/ ディレクトリーにあります。

    • Linux の場合は、~/.m2/
    • Windows の場合、これは \Documents and Settings\.m2\ または \Users\.m2\

    ${user.home}/.m2/settings.xml ファイルがない場合、Maven インストールの conf/ ディレクトリーにデフォルトのバージョンがあります。デフォルトの settings.xml ファイルを ${user.home}/.m2/ ディレクトリーにコピーします。

  2. <profiles> 要素に、AMQ Maven リポジトリーのプロファイルを追加します。

    <!-- Configure the JBoss AMQ Maven repository -->
    <profile>
      <id>jboss-amq-maven-repository</id>
      <repositories>
        <repository>
          <id>jboss-amq-maven-repository</id>
          <url>file://<JBoss-AMQ-repository-path></url>  1
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
          </releases>
          <snapshots>
            <enabled>false</enabled>
          </snapshots>
        </repository>
      </repositories>
      <pluginRepositories>
        <pluginRepository>
          <id>jboss-amq-maven-repository</id>
          <url>file://<JBoss-AMQ-repository-path></url>  2
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
          </releases>
          <snapshots>
            <enabled>false</enabled>
          </snapshots>
        </pluginRepository>
      </pluginRepositories>
    </profile>
    1 2
    <JBoss-AMQ-repository-path> を、インストールした Maven リポジトリーの場所に置き換えます。通常、この場所は /maven-repository で終わります。以下に例を示します。
    <url>file:///path/to/repo/amq-broker-7.2.0-maven-repository/maven-repository</url>
  3. <activeProfiles> 要素で、AMQ Maven リポジトリーをアクティブにします。

    <activeProfiles>
      <activeProfile>jboss-amq-maven-repository</activeProfile>
    ...
    </activeProfiles>
  4. デフォルトの settings.xml を Maven インストールからコピーした場合は、デフォルトではコメントアウトされている場合には <active-profiles> セクションのコメントを解除します。
  5. settings.xml を保存して閉じます。
  6. キャッシュされた ${user.home}/.m2/repository/ ディレクトリーを削除します。

    Maven リポジトリーに古いアーティファクトが含まれる場合は、プロジェクトをビルドまたはデプロイしたときに以下のいずれかの Maven エラーメッセージが表示されることがあります。

    • Missing artifact <artifact-name>
    • [ERROR] Failed to execute goal on project <project-name>; Could not resolve dependencies for <project-name>