2.3. リソースの消費

AMQ Broker には、ブローカーのメモリーおよびリソース消費を制限する数多くのオプションがあります。

リソース制限
各ユーザーに接続およびキュー制限を設定できます。これにより、ユーザーはブローカーのリソースを過剰に消費し、他のユーザーのパフォーマンスが低下します。
メッセージのページング

メッセージのページングにより、AMQ Broker は大量のメッセージを含む大規模なキューをサポートでき、また大量のメモリーでも稼働します。ブローカーがメモリー容量を超えるメッセージを取得したら、ディスクにメッセージをページングします。このページングプロセスは透過的であり、必要に応じてブローカーページのメッセージがメモリー内に出入りします。

メッセージのページングはアドレスベースです。アドレスのメモリーのすべてのメッセージのサイズが最大サイズを超えると、アドレスの追加メッセージがアドレスのページファイルに表示されます。

大きなメッセージ
AMQ Broker では、制限されたメモリーリソースで実行される場合でも Huge Page メッセージを送受信できます。大きなメッセージをメモリーに格納するオーバーヘッドを回避するには、これらの大きなメッセージをファイルシステムまたはデータベーステーブルに保存するように AMQ Broker を設定します。