第6章 次のステップ

AMQ Broker をインストールし、デフォルト設定でスタンドアロンブローカーを作成したら、メッセージング要件を満たすように設定し、メッセージングクライアントアプリケーションを接続して監視および管理できます。これらのゴールを完了するために、追加のリソースを使用できます。

ブローカーの設定

「Configuring AMQ Broker」 を使用して、要件に合わせてブローカーを設定します。以下を設定できます。

  • クライアント接続を受け入れるブローカー
  • アドレス空間 (ポイントツーポイントおよびパブリッシュサブスクライブメッセージングを含む)
  • メッセージの永続性
  • ブローカーのリソース消費 (リソース制限、メッセージのページング、大きいメッセージサポートを含む)
  • 重複メッセージの検出
  • ロギング
ブローカーのセキュリティー保護

AMQ Broker の設定を使用して、以下のメソッドのいずれかを使用してブローカーをセキュアにします。

  • ゲスト/匿名のアクセス制御
  • 基本的なユーザーとパスワードのアクセス制御
  • 証明書ベースのアクセス制御
  • LDAP 統合
  • Kerberos の統合
クラスタリングと高可用性の設定
「Configuring AMQ Broker to add additional brokers to form a broker cluster」 を使用し、メッセージングスループットを増やします。また、メッセージングの信頼性を向上させるために高可用性を設定することもできます。
メッセージングクライアントアプリケーションの作成
AMQ Clients Overview を使用して、AMQ Clients を確認し、ブローカーに接続し、メッセージを生成および消費するメッセージングクライアントアプリケーションを作成できます。
ブローカーの監視および管理
Managing AMQ Broker を使用して、ブローカー(またはブローカー)が実行後に監視および管理します。