2.4. 監視および管理

AMQ Broker には、ブローカーの監視および管理に使用できるツールが複数提供されます。

AMQ 管理コンソール
AMQ Management Console は、Web ブラウザーからアクセスできる Web インターフェースです。ネットワークの正常性を監視し、ブローカートポロジーを表示し、ブローカーリソースの作成および削除に使用できます。
CLI
AMQ Broker では、ブローカーの管理に使用できる artemis CLI が提供されます。CLI を使用すると、ブローカーインスタンスを作成、起動、および停止できます。CLI は、メッセージジャーナルを管理する複数のコマンドも提供します。
Management API

AMQ Broker では、豊富な管理 API が提供されます。これを使用してブローカーの設定を変更し、新規リソースの作成、これらのリソースを検査し、それらと対話できます。クライアントは管理 API を使用してブローカーを管理し、管理通知をサブスクライブすることもできます。

AMQ Broker は、管理 API を使用するために以下の方法を提供します。

  • Java Management Extensions (JMX): JMX は、Java アプリケーションを管理するための標準技術です。ブローカーの管理操作は AMQ MBean インターフェース経由で公開されます。
  • JMS API: 管理操作は、特別な管理 JMS キューへの標準の JMS メッセージを使用して送信されます。
Logs
各ブローカーインスタンスは、エラーメッセージ、警告、およびその他のブローカー関連の情報およびアクティビティーをログに記録します。ロギングレベル、ログファイルの場所、およびログ形式を設定できます。その後、作成されるログファイルを使用してブローカーを監視し、エラー状態を診断できます。