認証情報

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes 2.5

クラスター認証情報の作成および管理の詳細

概要

クラスター認証情報の作成および管理の詳細をご覧ください。

第1章 認証情報の管理の概要

クラスターの認証情報を作成して管理できます。Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes でクラウドサービスプロバイダーに Red Hat OpenShift Container Platform クラスターを作成するには、認証情報 が必要です。認証情報では、クラウドプロバイダーのアクセス情報を保存します。1 つのプロバイダーのドメインごとに独自の認証情報が必要になるのと同様に、プロバイダーアカウントごとに独自の認証情報が必要です。

認証情報は Kubernetes Secret として保存されます。シークレットはマネージドクラスターの namespace にコピーされ、マネージドクラスターのコントローラーがシークレットにアクセスできるようになります。認証情報が更新されると、シークレットのコピーはマネージドクラスターの namespace で自動的に更新されます。

注記: 元の認証情報を使用してすでにプロビジョニングされているため、クラウドプロバイダーの認証情報のプルシークレットまたは SSH キーへの変更は、既存のマネージドクラスターに反映されません。

必要なアクセス権限: 編集

1.1. Amazon Web Services の認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、Amazon Web Services (AWS) で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターを作成して管理するには、認証情報が必要です。

必要なアクセス権限: 編集

注記: Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes でクラスターを作成する前に、以下の手順を実行する必要があります。

1.1.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes のハブクラスターをデプロイしている。
  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes ハブクラスターでのインターネットアクセスを有効にし、Amazon Web Services (AWS) で Kubernetes クラスターを作成できるようにする。
  • アクセスキー ID およびシークレットアクセスキーなど、AWS のログイン認証情報。Understanding and getting your AWS credentials を参照してください。
  • AWS でクラスターをインストールできるようにするアカウントの権限。設定の方法は、AWS アカウントの設定 を参照してください。

1.1.2. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー上、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

オプションで、認証情報の ベース DNS ドメイン を追加できます。ベース DNS ドメインを認証情報に追加した場合は、この認証情報でクラスターを作成すると、このベース DNS ドメインは自動的に正しいフィールドに設定されます。以下の手順を参照してください。

  1. AWS アカウントの AWS アクセスキー ID を追加します。AWS にログインして ID を見つけます。
  2. Red Hat Advanced Cluster Management で、新しい AWS シークレットアクセスキー のコンテンツを提供します。
  3. プロキシーを有効にする必要がある場合は、プロキシー情報を入力します。

    • HTTP プロキシー URL: HTTP トラフィックのプロキシーとして使用する URL。
    • HTTPS プロキシー URL: HTTPS トラフィックに使用するセキュアなプロキシー URL。値の指定がない場合は、HTTP Proxy URL と同じ値が HTTP および HTTPS の両方に使用されます。
    • プロキシードメインなし: プロキシーをバイパスする必要のあるドメインのコンマ区切りリスト。ドメイン名をピリオド (.) で開始し、そのドメインにあるすべてのサブドメインを組み込みます。アステリスク (*) を追加し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    • 追加のトランスとバンドル: ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツ。
  4. Red Hat OpenShift pull secret を入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  5. SSH 秘密鍵SSH 公開鍵 を追加し、クラスターに接続できるようにします。既存のキーペアを使用するか、キー生成プログラムで新しいキーを作成できます。

キー生成の方法は、SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加 を参照してください。

Amazon Web Services でのクラスターの作成 の手順を実行して、この認証情報を使用するクラスターを作成します。

コンソールで認証情報を編集できます。このプロバイダー接続を使用してクラスターが作成された場合には、<cluster-namespace> からの <cluster-name>-aws-creds> シークレットが新規の認証情報に更新されます。

注記: クラスタープールが要求したクラスターでは、認証情報は更新されません。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

1.1.3. API を使用した不透明なシークレットの作成

API を使用して Amazon Web Services の不透明なシークレットを作成するには、次の例のような YAML プレビューウィンドウで YAML コンテンツを適用します。

kind: Secret
metadata:
    name: <managed-cluster-name>-aws-creds
    namespace: <managed-cluster-namespace>
type: Opaque
data:
    aws_access_key_id: $(echo -n "${AWS_KEY}" | base64 -w0)
    aws_secret_access_key: $(echo -n "${AWS_SECRET}" | base64 -w0)

注記: 不透明なシークレットは、選択したマネージドクラスターの namespace に作成されます。Hive は不透明なシークレットを使用してクラスターをプロビジョニングします。Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用してクラスターをプロビジョニングすると、事前に作成された認証情報は、不透明なシークレットとしてマネージドクラスターの namespace にコピーされます。

1.2. Microsoft Azure の認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、Microsoft Azure または Microsoft Azure Government で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターを作成して管理するには、認証情報が必要です。

必要なアクセス権限: 編集

注記: 以下の手順は、Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes でクラスターを作成するための前提条件となっています。

1.2.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes のハブクラスターをデプロイしている。
  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes ハブクラスターでのインターネットアクセスを有効にし、Azure で Kubernetes クラスターを作成できるようにする。
  • ベースドメインのリソースグループおよび Azure Service Principal JSON などの Azure ログイン認証情報。azure.microsoft.com を参照してください。
  • Azre でクラスターがインストールできるようにするアカウントの権限。詳細は、How to configure Cloud Services および Azure アカウントの設定 を参照してください。

1.2.2. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー上、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

  1. オプション: 認証情報の ベース DNS ドメイン を追加します。ベース DNS ドメインを認証情報に追加した場合は、この認証情報でクラスターを作成すると、このベース DNS ドメインは自動的に正しいフィールドに設定されます。
  2. クラスターの環境が AzurePublicCloud または、AzureUSGovernmentCloud であるかを選択します。この設定は Azure Government 環境とは異なるため、これが正しく設定されていることを確認します。
  3. Azure アカウントの ベースドメインリソースグループ名 を追加します。このエントリーは、Azure アカウントで作成したリソース名です。Azure インターフェイスで Home > DNS Zones を選択することで、ベースドメインのリソースグループ名を検索できます。ベースドメインリソースグループ名を見つけるには、Azure CLI で Azure サービスプリンシパルの作成 を参照してください。
  4. Red Hat Advanced Cluster Management で、クライアント ID のコンテンツを提供します。この値は、以下のコマンドを使用してサービスプリンシパルを作成すると、appId プロパティーとして設定されます。

    az ad sp create-for-rbac --role Contributor --name <service_principal>

    service_principal は、お使いのサービスプリンシパル名に置き換えます。

  5. Client Secret を追加します。この値は、以下のコマンドを使用してサービスプリンシパルを作成すると、password プロパティーとして設定されます。

    az ad sp create-for-rbac --role Contributor --name <service_principal>

    service_principal は、お使いのサービスプリンシパル名に置き換えます。

  6. Subscription ID を追加します。以下のコマンドの出力では、この値は、id プロパティーになります。

    az account show
  7. Tenant ID を追加します。以下のコマンドの出力では、この値は、tenantId プロパティーになります。

    az account show
  8. プロキシーを有効にする場合は、プロキシー情報を入力します。

    • HTTP プロキシー URL: HTTP トラフィックのプロキシーとして使用する URL。
    • HTTPS プロキシー URL: HTTPS トラフィックに使用するセキュアなプロキシー URL。値の指定がない場合は、HTTP Proxy URL と同じ値が HTTP および HTTPS の両方に使用されます。
    • プロキシードメインなし: プロキシーをバイパスする必要のあるドメインのコンマ区切りリスト。ドメイン名をピリオド (.) で開始し、そのドメインにあるすべてのサブドメインを組み込みます。アステリスク (*) を追加し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    • 追加のトランスとバンドル: ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツ。
  9. Red Hat OpenShift pull secret を入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  10. クラスターへの接続に使用する SSH 秘密鍵SSH 公開鍵 を追加します。既存のキーペアを使用するか、キー生成プログラムで新しいキーを作成できます。キー生成の方法は、SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加 を参照してください。

Microsoft Azure でのクラスターの作成 の手順を実行して、この認証情報を使用するクラスターを作成します。

コンソールで認証情報を編集できます。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

1.2.3. API を使用した不透明なシークレットの作成

コンソールの代わりに API を使用して Microsoft Azure の不透明なシークレットを作成するには、次の例のような YAML プレビューウィンドウで YAML コンテンツを適用します。

kind: Secret
metadata:
    name: <managed-cluster-name>-azure-creds
    namespace: <managed-cluster-namespace>
type: Opaque
data:
    baseDomainResourceGroupName: $(echo -n "${azure_resource_group_name}" | base64 -w0)
    osServicePrincipal.json: $(base64 -w0 "${AZURE_CRED_JSON}")

注記: 不透明なシークレットは、選択したマネージドクラスターの namespace に作成されます。Hive は不透明なシークレットを使用してクラスターをプロビジョニングします。Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用してクラスターをプロビジョニングすると、事前に作成された認証情報は、不透明なシークレットとしてマネージドクラスターの namespace にコピーされます。

1.3. Google Cloud Platform の認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、Google Cloud Platform (GCP) で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターを作成して管理するには、認証情報が必要です。

必要なアクセス権限: 編集

注記: 以下の手順は、Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes でクラスターを作成するための前提条件となっています。

1.3.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes のハブクラスターをデプロイしている。
  • Management for Kubernetes ハブクラスターでのインターネットアクセスを有効にし、GCP で Kubernetes クラスターを作成できるようにする。
  • ユーザーの Google Cloud Platform プロジェクト ID および Google Cloud Platform サービスアカウント JSON キーなど、GCP ログインの認証情報。Creating and managing projects を参照してください。
  • GCP でクラスターがインストールできるようにするアカウントの権限。アカウントの設定方法は、GCP プロジェクトの設定 を参照してください。

1.3.2. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー上、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

オプションで、認証情報の ベース DNS ドメイン を追加できます。ベース DNS ドメインを認証情報に追加した場合は、この認証情報でクラスターを作成すると、このベース DNS ドメインは自動的に正しいフィールドに設定されます。以下の手順を参照してください。

  1. GCP アカウントの Google Cloud Platform project ID を追加します。GCP にログインして設定を取得します。
  2. Google Cloud Platform service account JSON key を追加します。https://cloud.google.com/iam/docs/creating-managing-service-accounts を参照して、サービスアカウントの JSON キーを作成してください。GCP コンソールの手順に従います。
  3. Red Hat Advanced Cluster Management で、新しい Google CloudPlatform サービスアカウントの JSON キー のコンテンツを提供します。
  4. プロキシーを有効にする場合は、プロキシー情報を入力します。

    • HTTP プロキシー URL: HTTP トラフィックのプロキシーとして使用する URL。
    • HTTPS プロキシー URL: HTTPS トラフィックに使用するセキュアなプロキシー URL。値の指定がない場合は、HTTP Proxy URL と同じ値が HTTP および HTTPS の両方に使用されます。
    • プロキシードメインなし: プロキシーをバイパスする必要のあるドメインのコンマ区切りリスト。ドメイン名をピリオド (.) で開始し、そのドメインにあるすべてのサブドメインを組み込みます。アステリスク (*) を追加し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    • 追加のトランスとバンドル: ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツ。
  5. Red Hat OpenShift pull secret を入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  6. クラスターにアクセスできるように SSH 秘密鍵SSH 公開鍵 を追加します。既存のキーペアを使用するか、キー生成プログラムで新しいキーを作成できます。

キー生成の方法は、SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加 を参照してください。

Google Cloud Platform でのクラスターの作成 の手順を実行することで、クラスターの作成時にこの接続を使用できます。

コンソールで認証情報を編集できます。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

1.3.3. API を使用した不透明なシークレットの作成

コンソールの代わりに API を使用して Google Cloud Platform の不透明なシークレットを作成するには、次の例のような YAML プレビューウィンドウで YAML コンテンツを適用します。

kind: Secret
metadata:
    name: <managed-cluster-name>-gcp-creds
    namespace: <managed-cluster-namespace>
type: Opaque
data:
    osServiceAccount.json: $(base64 -w0 "${GCP_CRED_JSON}")

注記: 不透明なシークレットは、選択したマネージドクラスターの namespace に作成されます。Hive は不透明なシークレットを使用してクラスターをプロビジョニングします。Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用してクラスターをプロビジョニングすると、事前に作成された認証情報は、不透明なシークレットとしてマネージドクラスターの namespace にコピーされます。

1.4. VMware vSphere の認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、VMware vSphere で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターを作成して管理するには、認証情報が必要です。OpenShift Container Platform バージョン 4.5.x 以降のみがサポートされます。

必要なアクセス権限: 編集

注記: Red Hat Advanced Cluster Management でクラスターを作成する前に、以下の手順を実行する必要があります。

1.4.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • OpenShift Container Platform バージョン 4.6 以降に、Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターをデプロイしている。
  • Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターでのインターネットアクセスを有効にし、VMware vSphere で Kubernetes クラスターを作成できるようにする。
  • インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する場合に OpenShift Container Platform 向けに設定された VMware vSphere ログイン認証情報および vCenter 要件。カスタマイズによる vSphere へのクラスターのインストール を参照してください。これらの認証除法には、以下の情報が含まれます。

    • vCenter アカウントの権限
    • クラスターリソース
    • HDCP が利用できる
    • 時間を同期した ESXi ホスト (例: NTP)

1.4.2. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー上、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

オプションで、認証情報の ベース DNS ドメイン を追加できます。ベース DNS ドメインを認証情報に追加した場合は、この認証情報でクラスターを作成すると、このベース DNS ドメインは自動的に正しいフィールドに設定されます。以下の手順を参照してください。

  1. VMware vCenter サーバーの完全修飾ホスト名または IP アドレス を追加します。値は vCenter サーバーのルート CA 証明書に定義する必要があります。可能な場合は、完全修飾ホスト名を使用します。
  2. VMware vCenter のユーザー名 を追加します。
  3. VMware vCenter パスワード を追加します。
  4. VMware vCenter ルート CA 証明書 を追加します。

    1. VMware vCenter サーバー (https://<vCenter_address>/certs/download.zip) から download.zip として証明書をダウンロードできます。vCenter_address は、vCenter サーバーのアドレスに置き換えます。
    2. download.zip のパッケージを展開します。
    3. 拡張子が .0certs/<platform> ディレクトリーの証明書を使用します。ヒント: ls certs/<platform> コマンドを使用して、お使いのプラットフォームで使用可能な全証明書を一覧表示できます。

      <platform> は、linmac、または win など、お使いのプラットフォームに置き換えます。

      例: certs/lin/3a343545.0

      ベストプラクティス: 次のコマンドを使用して、拡張子が .0 の複数の証明書をリンクします。

      cat certs/lin/*.0 > ca.crt
  5. VMware vSphere クラスター名 を追加します。
  6. VMware vSphere データセンター を追加します。
  7. VMware vSphere デフォルトデータストア を追加します。
  8. オフラインインストールのみ: Configuration for disconnected installation サブセクションのフィールドに必要な情報を入力します。

    • Image content source: この値には、オフラインのレジストリーパスが含まれます。このパスには、オフラインインストールに使用する全インストールイメージのホスト名、ポート、レジストリーパスが含まれます。たとえば、repository.com:5000/openshift/ocp-release となります。

      このパスは、Red Hat OpenShift Container Platform リリースイメージに対して、install-config.yaml のイメージコンテンツソースポリシーのマッピングを作成します。たとえば、repository.com:5000 は以下の imageContentSource コンテンツを作成します。

      imageContentSources:
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-release-nightly
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-release
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-v4.0-art-dev
    • Additional trust bundle: この値で、ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツを指定します。

      注記: 非接続環境にあるハブクラスターからマネージドクラスターをデプロイして、インストール後の設定を自動的にインポートする場合は、YAML エディターを使用してイメージコンテンツソースポリシーを install-config.yaml ファイルに追加します。エントリーの例を以下に示します。

      imageContentSources:
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/rhacm2
        source: registry.redhat.io/rhacm2
  9. プロキシーを有効にする場合は、プロキシー情報を入力します。

    • HTTP プロキシー URL: HTTP トラフィックのプロキシーとして使用する URL。
    • HTTPS プロキシー URL: HTTPS トラフィックに使用するセキュアなプロキシー URL。値の指定がない場合は、HTTP Proxy URL と同じ値が HTTP および HTTPS の両方に使用されます。
    • プロキシードメインなし: プロキシーをバイパスする必要のあるドメインのコンマ区切りリスト。ドメイン名をピリオド (.) で開始し、そのドメインにあるすべてのサブドメインを組み込みます。アステリスク (*) を追加し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    • 追加のトランスとバンドル: ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツ。
  10. Red Hat OpenShift pull secret を入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  11. SSH 秘密鍵SSH 公開鍵 を追加し、クラスターに接続できるようにします。

    既存のキーペアを使用するか、キー生成プログラムで新しいキーを作成できます。詳細は、クラスターノードの SSH アクセス用のキーペアの生成 を参照してください。

VMware vSphere でのクラスターの作成 の手順を実行して、この認証情報を使用するクラスターを作成します。

コンソールで認証情報を編集できます。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

1.4.3. API を使用した不透明なシークレットの作成

コンソールの代わりに API を使用して VMware vSphere の不透明なシークレットを作成するには、次の例のような YAML プレビューウィンドウで YAML コンテンツを適用します。

kind: Secret
metadata:
    name: <managed-cluster-name>-vsphere-creds
    namespace: <managed-cluster-namespace>
type: Opaque
data:
    username: $(echo -n "${VMW_USERNAME}" | base64 -w0)
    password.json: $(base64 -w0 "${VMW_PASSWORD}")

注記: 不透明なシークレットは、選択したマネージドクラスターの namespace に作成されます。Hive は不透明なシークレットを使用してクラスターをプロビジョニングします。Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用してクラスターをプロビジョニングすると、事前に作成された認証情報は、不透明なシークレットとしてマネージドクラスターの namespace にコピーされます。

1.5. Red Hat OpenStack の認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、Red Hat OpenStack Platform で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターを作成して管理するには、認証情報が必要です。OpenShift Container Platform バージョン 4.5.x 以降のみがサポートされます。

注記: Red Hat Advanced Cluster Management でクラスターを作成する前に、以下の手順を実行する必要があります。

1.5.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • OpenShift Container Platform バージョン 4.6 以降に、Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターをデプロイしている。
  • Red Hat OpenStack Platform で Kubernetes クラスターを作成できるように Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターでのインターネットアクセスがある。
  • インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する場合に OpenShift Container Platform 向けに設定された Red Hat OpenStack Platform ログイン認証情報および Red Hat OpenStack Platform の要件。カスタマイズによる OpenStack へのクラスターのインストール を参照してください。
  • CloudStack API にアクセスするための clouds.yaml ファイルをダウンロードまたは作成する。clouds.yaml ファイルで以下を行います。

    • 使用する cloud auth セクション名を決定します。
    • username 行の直後に、password の行を追加します。

1.5.2. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー向上のため、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

  1. Red Hat OpenStack Platform の clouds.yaml ファイルの内容を追加します。パスワードを含む clouds.yaml ファイルの内容で、Red Hat OpenStack Platform サーバーへの接続に必要な情報を提供します。ファイルの内容には、username の直後に新たに追加したパスワードを含める 必要 があります。
  2. Red Hat OpenStack Platform クラウド名を追加します。このエントリーは、Red Hat OpenStack Platform サーバーへの通信確立に使用する clouds.yaml の cloud セクションで指定した名前です。
  3. オプションで、認証情報のベース DNS ドメインを追加できます。ベース DNS ドメインを認証情報に追加した場合は、この認証情報でクラスターを作成すると、このベース DNS ドメインは自動的に正しいフィールドに設定されます。
  4. オフラインインストールのみ: Configuration for disconnected installation サブセクションのフィールドに必要な情報を入力します。

    • Cluster OS image: この値には、Red Hat OpenShift Container Platform クラスターマシンに使用するイメージの URL が含まれます。
    • イメージコンテンツソース: この値には、オフラインのレジストリーパスが含まれます。このパスには、オフラインインストールに使用する全インストールイメージのホスト名、ポート、レジストリーパスが含まれます。たとえば、repository.com:5000/openshift/ocp-release となります。

      このパスは、Red Hat OpenShift Container Platform リリースイメージに対して、install-config.yaml のイメージコンテンツソースポリシーのマッピングを作成します。たとえば、repository.com:5000 は以下の imageContentSource コンテンツを作成します。

      imageContentSources:
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-release-nightly
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-release
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-v4.0-art-dev
    • Additional trust bundle: この値で、ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツを指定します。

      注記: 非接続環境にあるハブクラスターからマネージドクラスターをデプロイして、インストール後の設定を自動的にインポートする場合は、YAML エディターを使用してイメージコンテンツソースポリシーを install-config.yaml ファイルに追加します。エントリーの例を以下に示します。

      imageContentSources:
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/rhacm2
        source: registry.redhat.io/rhacm2
  5. プロキシーを有効にする必要がある場合は、プロキシー情報を入力します。

    • HTTP プロキシー URL: HTTP トラフィックのプロキシーとして使用する URL。
    • HTTPS プロキシー URL: HTTPS トラフィックに使用するセキュアなプロキシー URL。値の指定がない場合は、HTTP Proxy URL と同じ値が HTTP および HTTPS の両方に使用されます。
    • プロキシードメインなし: プロキシーをバイパスする必要のあるドメインのコンマ区切りリスト。ドメイン名をピリオド (.) で開始し、そのドメインにあるすべてのサブドメインを組み込みます。アステリスク (*) を追加し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    • 追加のトランスとバンドル: ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツ。
  6. Red Hat OpenShift プルシークレットを入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  7. SSH 秘密鍵と SSH 公開鍵を追加し、クラスターに接続できるようにします。既存のキーペアを使用するか、キー生成プログラムで新しいキーを作成できます。詳細は、クラスターノードの SSH アクセス用のキーペアの生成 を参照してください。
  8. Create をクリックします。
  9. 新規の認証情報を確認し、Add をクリックします。認証情報を追加すると、認証情報の一覧に追加されます。

Red Hat OpenStack Platform でのクラスターの作成 の手順を実行して、この認証情報を使用するクラスターを作成します。

コンソールで認証情報を編集できます。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

1.5.3. API を使用した不透明なシークレットの作成

コンソールの代わりに API を使用して Red Hat OpenStack Platform の不透明なシークレットを作成するには、次の例のような YAML プレビューウィンドウで YAML コンテンツを適用します。

kind: Secret
metadata:
    name: <managed-cluster-name>-osp-creds
    namespace: <managed-cluster-namespace>
type: Opaque
data:
    clouds.yaml: $(base64 -w0 "${OSP_CRED_YAML}") cloud: $(echo -n "openstack" | base64 -w0)

注記: 不透明なシークレットは、選択したマネージドクラスターの namespace に作成されます。Hive は不透明なシークレットを使用してクラスターをプロビジョニングします。Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用してクラスターをプロビジョニングすると、事前に作成された認証情報は、不透明なシークレットとしてマネージドクラスターの namespace にコピーされます。

1.6. Red Hat Virtualization の認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、Red Hat Virtualization で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターを作成して管理するには、認証情報が必要です。

注記: Red Hat Advanced Cluster Management でクラスターを作成する前に、以下の手順を実行する必要があります。

1.6.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • OpenShift Container Platform バージョン 4.7 以降に、Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターをデプロイしている。
  • Red Hat OpenStack Platform で Kubernetes クラスターを作成できるように Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes ハブクラスターでのインターネットアクセスがある。
  • 設定済み Red Hat Virtualization 環境の Red Hat Virtualization ログイン認証情報。Red Hat Virtualization ドキュメントの インストールガイド を参照してください。以下のリストは、必要な情報を示しています。

    • oVirt URL
    • ovirt 完全修飾ドメイン名 (FQDN)
    • oVirt ユーザー名
    • oVirt パスワード
    • oVirt CA/証明書
  • オプション: プロキシーを有効にした場合にはプロキシー情報。
  • Red Hat OpenShift Container Platform のプルシークレット情報。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  • 最終的なクラスターの情報を転送するための SSH 秘密鍵と公開鍵。
  • oVirt でクラスターをインストールできるようにするアカウントの権限。

1.6.2. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー向上のため、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

  1. 新しい認証情報の基本情報を追加します。オプションで、この認証情報を使用してクラスターを作成すると自動的に正しいフィールドにデータが投入される Base DNS ドメインを追加できます。認証情報に追加しない場合は、クラスターの作成時に追加できます。
  2. Red Hat Virtualization 環境に必要な情報を追加します。
  3. プロキシーを有効にする必要がある場合は、プロキシー情報を入力します。

    • HTTP Proxy URL: HTTP トラフィックのプロキシーとして使用する URL。
    • HTTPS Proxy URL: HTTPS トラフィックに使用する必要のあるセキュアなプロキシー URL。値の指定がない場合は、HTTP Proxy URL と同じ値が HTTP および HTTPS の両方に使用されます。
    • プロキシードメインなし: プロキシーをバイパスする必要のあるドメインのコンマ区切りリスト。ドメイン名をピリオド (.) で開始し、そのドメインにあるすべてのサブドメインを組み込みます。アステリスク (*) を追加し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
  4. Red Hat OpenShift Container Platform プルシークレットを入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  5. SSH 秘密鍵と SSH 公開鍵を追加し、クラスターに接続できるようにします。既存のキーペアを使用するか、キー生成プログラムで新しいキーを作成できます。詳細は、クラスターノードの SSH アクセス用のキーペアの生成 を参照してください。
  6. 新規の認証情報を確認し、Add をクリックします。認証情報を追加すると、認証情報の一覧に追加されます。

Red Hat Virtualization でのクラスターの作成 の手順を実行して、この認証情報を使用するクラスターを作成します。

コンソールで認証情報を編集できます。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

1.7. ベアメタルの認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、ベアメタル環境で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターをデプロイして管理するには、認証情報が必要です。この認証情報で、プロビジョニングノードへの接続を指定します。このノードは、クラスター作成時にブートストラップのホスト仮想マシン (VM) として使用します。

必要なアクセス権限: 編集

1.7.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes のハブクラスターをデプロイしている。ベアメタルクラスターを管理する場合は、Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 4.6 以降に、ハブクラスターを インストールする必要があります。
  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes ハブクラスターでのインターネットアクセスを有効にし、ベアメタルサーバーで Kubernetes クラスターを作成できるようにする。
  • 切断された環境では、クラスター作成用のリリースイメージをコピーできるミラーレジストリーを設定している。詳細は、OpenShift Container Platform ドキュメントの 非接続インストールのイメージのミラーリング を参照してください。
  • ベアメタルインフラストラクチャーでのクラスターのインストールをサポートするするアカウントのパーミッション。

1.7.2. プロビジョニングホストの準備

ベアメタルの認証情報とクラスターを作成する場合は、プロビジョニングホストが必要となります。プロビジョニングホストは、インストールに使用できるブートストラップホストの仮想マシンです。これは、KVM (Kernel-based Virtual Machine) を実行している仮想マシンまたはサービスです。認証情報やクラスターを作成する時に、このホストの詳細が必要になります。以下の手順でプロビジョニングホストを設定します。

  1. プロビジョナーノードには SSH を使用してログインします。
  2. root 以外のユーザー (user-name) を作成し、そのユーザーに sudo 権限に割り当てて、以下のコマンドを実行します。

    useradd <user-name>
    passwd <password>
    echo "<user-name> ALL=(root) NOPASSWD:ALL" | tee -a /etc/sudoers.d/<user-name>
    chmod 0440 /etc/sudoers.d/<user-name>
  3. 次のコマンドを入力して、新しいユーザーの SSH キーを作成します。

    su - <user-name> -c "ssh-keygen -t rsa -f /home/<user-name>/.ssh/id_rsa -N ''"
  4. プロビジョナーノードに、新しいユーザーとしてログインします。

    su - <user-name>
    [user-name@provisioner ~]$
  5. Red Hat Subscription Manager を使用して、以下のコマンドを入力してプロビジョナーノードを登録します。

    sudo subscription-manager register --username=<user-name> --password=<password> --auto-attach
    sudo subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms

    Red Hat Subscription Manager の詳細は、Red Hat OpenShift Container Platform ドキュメントの Subscription Manager の使用および設定 を参照してください。

  6. 以下のコマンドを実行して、必要なパッケージをインストールします。

    sudo dnf install -y libvirt qemu-kvm mkisofs python3-devel jq ipmitool
  7. ユーザーを変更して、新たに作成したユーザーに libvirt グループを追加します。

    sudo usermod --append --groups libvirt <user-name>
  8. 以下のコマンドを入力して、firewalld を再起動し、http サービスを有効にします。

    sudo systemctl start firewalld
    sudo firewall-cmd --zone=public --add-service=http --permanent
    sudo firewall-cmd --reload
  9. 以下のコマンドを入力して、libvirtd サービスを起動し、有効にします。

    sudo systemctl enable libvirtd --now
  10. 次のコマンドを入力して、デフォルトのストレージプールを作成し、起動します。

    sudo virsh pool-define-as --name default --type dir --target /var/lib/libvirt/images
    sudo virsh pool-start default
    sudo virsh pool-autostart default
  11. ネットワークの設定:

    1. 次のコマンドを実行して、PUB_CONN の値を baremetal ネットワークの NIC の名前にエクスポートします。

      export PUB_CONN=<baremetal-nic-name>
    2. baremetal ネットワークを設定します。

      sudo nohup bash -c """
          nmcli con down "$PUB_CONN"
          nmcli con delete "$PUB_CONN"
          # RHEL 8.1 appends the word "System" in front of the connection, delete in case it exists
          nmcli con down "System $PUB_CONN"
          nmcli con delete "System $PUB_CONN"
          nmcli connection add ifname baremetal type bridge con-name baremetal
          nmcli con add type bridge-slave ifname \"$PUB_CONN"\ master baremetal
          pkill dhclient;dhclient baremetal

      この手順を完了すると、SSH 接続が切断される場合があります。

    3. 任意のプロビジョニングネットワークを使用してデプロイする場合は、次の手順を実行します。

      1. 次のコマンドを実行して、provisioning ネットワークの NIC 名をエクスポートします。

        export PROV_CONN=<prov-nic-name>
      2. プロビジョニングネットワークを設定します。

        sudo nohup bash -c """
            nmcli con down "$PROV_CONN"
            nmcli con delete "$PROV_CONN"
            nmcli connection add ifname baremetal type bridge con-name provisioning
            nmcli con add type bridge-slave ifname \"$PROV_CONN\" master provisioning
            nmcli connection modify provisioning ipv6.addresses fd00:1101::1/64 ipv6.method manual
            nmcli con down provisioning
            nmcli con up provisioning

        この手順を完了すると、SSH 接続が切断される場合があります。

        IPv6 アドレスは、baremetal ネットワークでルーティングできなければ、どのようなアドレスでも構いません。

        IPv6 アドレスを使用する場合に UEFI PXE 設定が有効にされており、UEFI PXE 設定が IPv6 プロトコルに設定されていることを確認します。

      3. プロビジョニングネットワーク接続で IPv4 アドレスが設定されている。

        nmcli connection modify provisioning ipv4.addresses 172.22.0.254/24 ipv4.method manual
  12. ssh を使用してプロビジョナーノードに再接続します (必要な場合)。

    # ssh <user-name>@provisioner.<cluster-name>.<domain>
  13. 以下のコマンドを実行して、接続ブリッジが正しく作成されていることを確認します。

    sudo nmcli con show

    検索結果は、以下のような内容になります。

    名前

    UUID

    タイプ

    デバイス

    baremetal

    4d5133a5-8351-4bb9-bfd4-3af264801530

    bridge

    baremetal

    provisioning

    43942805-017f-4d7d-a2c2-7cb3324482ed

    bridge

    provisioning

    virbr0

    d9bca40f-eee1-410b-8879-a2d4bb0465e7

    bridge

    virbr0

    bridge-slave-eno1

    76a8ed50-c7e5-4999-b4f6-6d9014dd0812

    ethernet

    eno1

    bridge-slave-eno2

    f31c3353-54b7-48de-893a-02d2b34c4736

    ethernet

    eno2

  14. 以下の手順で pull-secret.txt ファイルを作成します。

    vim pull-secret.txt
    1. Web ブラウザーで Install OpenShift on Bare Metal with user-provisioned infrastructure にアクセスし、Downloads セクションまでスクロールします。
    2. Copy pull secret をクリックします。
    3. その内容を pull-secret.txt に貼り付けて、user-name ユーザーのホームディレクトリーに保存します。

これで、ベアメタルの認証情報を作成する準備が整いました。

1.7.3. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー上、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

  1. オプションで、認証情報の ベース DNS ドメイン を追加できます。ベース DNS ドメインを認証情報に追加した場合は、この認証情報でクラスターを作成すると、このベース DNS ドメインは自動的に正しいフィールドに設定されます。DNS ドメインを追加していない場合は、クラスターの作成時に追加できます。
  2. libvirt URI を追加します。libvirt URI は、ブートストラップノード向けに作成したプロビジョニングノードを追加してください。libvirt URI は以下の例のようになります。

    <qemu+ssh>:://<user-name>@<provision-host.com>/system
    • qemu+ssh は、プロビジョニングホスト上の libvirt デーモンに接続する方法に置き換えてください。
    • user-name は、プロビジョニングホストにブートストラップノードを作成するアクセス権があるユーザー名に置き換えてください。
    • provision-host.com は、プロビジョニングホストへのリンクに置き換えてください。これは、IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名アドレスのいずれかです。

      詳細は、Connection URIs を参照してください。

  3. プロビジョニングホストに SSH の既知ホストのリストを追加します。この値には、IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名アドレスを指定できますが、libvirt URI 値で使用したのと同じ形式を使用することをお勧めします。
  4. オフラインインストールのみ: Configuration for disconnected installation サブセクションのフィールドに必要な情報を入力します。

    • Image registry mirror: この値には、オフラインのレジストリーパスを含みます。このパスには、オフラインインストールに使用する全インストールイメージのホスト名、ポート、レジストリーパスが含まれます。たとえば、repository.com:5000/openshift/ocp-release となります。

      このパスは、Red Hat OpenShift Container Platform リリースイメージに対して、install-config.yaml のイメージコンテンツソースポリシーのマッピングを作成します。たとえば、repository.com:5000 は以下の imageContentSource コンテンツを作成します。

      imageContentSources:
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-release-nightly
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-release
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/ocp4
        source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-v4.0-art-dev
    • Bootstrap OS image: この値には、ブートストラップマシンに使用するイメージの URL が含まれます。
    • Cluster OS image: この値には、Red Hat OpenShift Container Platform クラスターマシンに使用するイメージの URL が含まれます。
    • Additional trust bundle: この値で、ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツを指定します。

      注記: 非接続環境にあるハブクラスターからマネージドクラスターをデプロイして、インストール後の設定を自動的にインポートする場合は、YAML エディターを使用してイメージコンテンツソースポリシーを install-config.yaml ファイルに追加します。エントリーの例を以下に示します。

      imageContentSources:
      - mirrors:
        - registry.example.com:5000/rhacm2
        source: registry.redhat.io/rhacm2
  5. プロキシーを有効にする場合は、プロキシー情報を入力します。

    • HTTP プロキシー URL: HTTP トラフィックのプロキシーとして使用する URL。
    • HTTPS プロキシー URL: HTTPS トラフィックに使用するセキュアなプロキシー URL。値の指定がない場合は、HTTP Proxy URL と同じ値が HTTP および HTTPS の両方に使用されます。
    • プロキシードメインなし: プロキシーをバイパスする必要のあるドメインのコンマ区切りリスト。ドメイン名をピリオド (.) で開始し、そのドメインにあるすべてのサブドメインを組み込みます。アステリスク (*) を追加し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    • 追加のトランスとバンドル: ミラーレジストリーへのアクセスに必要な証明書ファイルのコンテンツ。
  6. Red Hat OpenShift pull secret を入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  7. クラスターにアクセスできるように SSH 秘密鍵SSH 公開鍵 を追加します。既存のキーを使用するか、キー生成プログラムを使用して新しいキーを作成できます。キー生成の方法は、SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加 を参照してください。

ベアメタルでのクラスターの作成 の手順を実行して、この認証情報を使用するクラスターを作成します。

コンソールで認証情報を編集できます。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

1.8. Red Hat OpenShift Cluster Manager の認証情報の作成

クラスターを検出できるように OpenShift Cluster Manager の認証情報を追加します。

必要なアクセス権限: 管理者

1.8.1. 前提条件

cloud.redhat.com アカウントへのアクセスが必要です。console.redhat.com/openshift/token から取得できる値が後で必要になります。

1.8.2. コンソールを使用した認証情報の管理

クラスター検出用の認証情報を追加する必要があります。Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー上、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

OpenShift Cluster Manager API トークンは、console.redhat.com/openshift/token から取得できます。

コンソールで認証情報を編集できます。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

認証情報が削除されるか、または OpenShift Cluster Manager API トークンの有効期限が切れるか、または取り消されると、関連付けられた検出クラスターが削除されます。

1.9. Ansible Automation Platform の認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、Red Hat Ansible Automation Platform を使用する Red Hat OpenShift Container Platform クラスターをデプロイして管理するには、認証情報が必要です。

必要なアクセス権限: 編集

注意: この手順は、Ansible ジョブテンプレートを作成して Red Hat Advanced Cluster Management クラスターで自動化を有効にする前に実行する必要があります。

1.9.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes のハブクラスターをデプロイしている。
  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes のハブクラスターへのインターネット接続。
  • Ansible Tower ホスト名および OAuth トークンを含む Ansible ログイン認証情報。Ansible Tower の認証情報 を参照してください。
  • ハブクラスターのインストールおよび Ansible 操作をできるようにするアカウントパーミッション。Ansible ユーザー の詳細を確認してください。

1.9.2. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー上、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

Ansible 認証情報の作成時に指定する Ansible トークンとホストの URL は、認証情報の編集時にその認証情報を使用する自動化向けに、自動で更新されます。更新は、クラスターライフサイクル、ガバナンス、およびアプリケーション管理の自動化に関連するものなど、Ansible 認証情報を使用する自動化にコピーされます。これにより、認証情報の更新後も自動化が引き続き実行されます。

コンソールで認証情報を編集できます。Ansible 認証情報は、認証情報の更新時に、対象の認証情報を使用する自動化で、自動的に更新されあす。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

1.10. オンプレミス環境の認証情報の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、オンプレミス環境で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターをデプロイして管理するには、認証情報が必要です。認証情報では、クラスターに使用される接続を指定します。

必要なアクセス権限: 編集

1.10.1. 前提条件

認証情報を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターをデプロイしている。
  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes ハブクラスターでのインターネットアクセスを有効にし、インフラストラクチャー環境で Kubernetes クラスターを作成できるようにする。
  • 切断された環境では、クラスター作成用のリリースイメージをコピーできるミラーレジストリーを設定している。詳細は、OpenShift Container Platform ドキュメントの 非接続インストールのイメージのミラーリング を参照してください。
  • オンプレミス環境でのクラスターのインストールをサポートするアカウントの権限。

1.10.2. コンソールを使用した認証情報の管理

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールから認証情報を作成するには、以下のコンソールでの手順を実行します。

ナビゲーションメニューから開始します。Credentials をクリックし、既存の認証情報オプションから選択します。ヒント: 便宜上およびセキュリティー上、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

  1. オプションで、認証情報の ベース DNS ドメイン を追加できます。ベース DNS ドメインを認証情報に追加した場合は、この認証情報でクラスターを作成すると、このベース DNS ドメインは自動的に正しいフィールドに設定されます。DNS ドメインを追加していない場合は、クラスターの作成時に追加できます。
  2. Red Hat OpenShift pull secret を入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。プルシークレットの詳細は、イメージプルシークレットの使用 を参照してください。
  3. Add を選択して認証情報を作成します。

認証情報を使用するクラスターの管理を終了する場合は、認証情報を削除して認証情報内にある情報を保護します。Actions を選択して、一括削除するか、削除する認証情報の横にあるオプションメニューを選択します。

法律上の通知

Copyright © 2023 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.