Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.2. must-gather コマンドを実行したトラブルシューティング

トラブルシューティングを開始するには、問題のデバッグを行う must-gather コマンドを実行する場合のトラブルシューティングシナリオについて確認し、このコマンドの使用を開始する手順を参照してください。

必要なアクセス権限: クラスターの管理者

1.2.1. Must-gather のシナリオ

  • シナリオ 1: 文書化されたトラブルシューティング セクションを使用して、問題の解決策がまとめられているかどうかを確認します。本ガイドは、製品の主な機能別に設定されています。

    このシナリオでは、解決策が本書にまとめられているかどうかを、本ガイドで確認します。たとえば、クラスターの作成に関するトラブルシューティングの場合は、クラスターの管理 セクションの解決策を探します。

  • シナリオ 2: 問題の解決策の手順が文書にまとめられていない場合は、must-gather コマンドを実行し、その出力を使用して問題をデバッグします。
  • シナリオ 3: must-gather コマンドの出力を使用して問題をデバッグできない場合は、出力を Red Hat サポートに共有します。