Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.13.2. 問題の解決: クラスターの削除後も namespace が残る

namespace を手作業で削除するには、以下の手順を実行します。

  1. 次のコマンドを実行して、<cluster_name> namespace に残っているリソースのリストを作成します。

    oc api-resources --verbs=list --namespaced -o name | grep -E '^secrets|^serviceaccounts|^managedclusteraddons|^roles|^rolebindings|^manifestworks|^leases|^managedclusterinfo|^appliedmanifestworks'|^clusteroauths' | xargs -n 1 oc get --show-kind --ignore-not-found -n <cluster_name>

    cluster_name は、削除を試みたクラスターの namespace 名に置き換えます。

  2. 以下のコマンドを入力してリストを編集し、ステータスが Delete ではないリストから特定したリソースを削除します。

    oc edit <resource_kind> <resource_name> -n <namespace>

    resource_kind は、リソースの種類に置き換えます。resource_name は、リソース名に置き換えます。namespace は、リソースの namespace に置き換えます。

  3. メタデータで finalizer 属性の場所を特定します。
  4. vi エディターの dd コマンドを使用して、Kubernetes 以外のファイナライザーを削除します。
  5. :wq コマンドを入力し、リストを保存して vi エディターを終了します。
  6. 以下のコマンドを入力して namespace を削除します。

    oc delete ns <cluster-name>

    cluster-name を、削除する namespace の名前に置き換えます。