Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.4.2. 問題の解決: 再インストールの失敗

この問題が発生した場合は、以下の手順を実行します。

  1. アンインストール の手順に従い、現在のコンポーネントを削除し、アンインストールプロセスを実行します。
  2. Helm のインストール の手順に従い、Helm CLI バイナリーバージョン 3.2.0 以降をインストールします。
  3. oc コマンドが実行できるように、Red Hat OpenShift Container Platform CLI が設定されていることを確認してください。oc コマンドの設定方法に関する詳細は、Red Hat OpenShift Container Platform ドキュメントの OpenShift CLI の使用方法 を参照してください。
  4. 以下のスクリプトをファイルにコピーします。

    #!/bin/bash
    ACM_NAMESPACE=<namespace>
    oc delete mch --all -n $ACM_NAMESPACE
    helm ls --namespace $ACM_NAMESPACE | cut -f 1 | tail -n +2 | xargs -n 1 helm delete --namespace $ACM_NAMESPACE
    oc delete apiservice v1beta1.webhook.certmanager.k8s.io v1.admission.cluster.open-cluster-management.io v1.admission.work.open-cluster-management.io
    oc delete clusterimageset --all
    oc delete configmap -n $ACM_NAMESPACE cert-manager-controller cert-manager-cainjector-leader-election cert-manager-cainjector-leader-election-core
    oc delete consolelink acm-console-link
    oc delete crd klusterletaddonconfigs.agent.open-cluster-management.io placementbindings.policy.open-cluster-management.io policies.policy.open-cluster-management.io userpreferences.console.open-cluster-management.io searchservices.search.acm.com
    oc delete mutatingwebhookconfiguration cert-manager-webhook cert-manager-webhook-v1alpha1 ocm-mutating-webhook managedclustermutators.admission.cluster.open-cluster-management.io
    oc delete oauthclient multicloudingress
    oc delete rolebinding -n kube-system cert-manager-webhook-webhook-authentication-reader
    oc delete scc kui-proxy-scc
    oc delete validatingwebhookconfiguration cert-manager-webhook cert-manager-webhook-v1alpha1 channels.apps.open.cluster.management.webhook.validator application-webhook-validator multiclusterhub-operator-validating-webhook ocm-validating-webhook

    スクリプトの <namespace> は、Red Hat Advanced Cluster Management がインストールされている namespace 名に置き換えます。namespace が消去され削除されるため、正しい namespace を指定するようにしてください。

  5. スクリプトを実行して、アーティファクトを以前のインストールから削除します。
  6. インストールを実行します。ネットワーク接続時のオンラインインストール を参照してください。