1.7.3. 問題の解決: クラスターの再インポートが不明な権限エラーで失敗する

マネージドクラスター管理者は、マネージドクラスター用に新しい有効な kubeconfig ファイルを作成する必要があります。

新しい kubeconfig を作成したら、次の手順を実行して、マネージドクラスターの新しい kubeconfig を更新します。

  1. 次のコマンドを実行して、your-managed-cluster-name をマネージドクラスターの名前に置き換えて、マネージドクラスターの名前を指定します。

    cluster_name=<your-managed-cluster-name>
  2. 次のコマンドを実行して、マネージドクラスターの新しい kubeconfig を更新します。

    kubeconfig=$(cat <your-new-valid-kubeconfig-file-path> | base64 -w0)
    kubeconfig_patch="[{\"op\":\"replace\", \"path\":\"/data/kubeconfig\", \"value\":\"${kubeconfig}\"}]"
    kubeconfig_secret_name=$(oc -n ${cluster_name} get clusterdeployments ${cluster_name} -ojsonpath='{.spec.clusterMetadata.adminKubeconfigSecretRef.name}')
    oc -n ${cluster_name} patch secrets ${kubeconfig_secret_name} --type='json' -p=${kubeconfig_patch}