Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.2.2. Must-gather の手順

must-gather コマンドの使用を開始するには、以下の手順を参照してください。

  1. must-gather コマンドについて確認し、Red Hat OpenShift Container Platform の クラスターに関するデータの収集 に必要な前提条件をインストールします。
  2. クラスターにログインします。データおよびディレクトリーの収集に使用する Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes イメージを追加します。以下のコマンドを実行して、出力用にイメージとディレクトリーを挿入します。

    oc adm must-gather --image=registry.redhat.io/rhacm2/acm-must-gather-rhel8:v2.4.0 --dest-dir=<directory>
  3. 通常のユースケースでは、ハブ クラスターにログインして、must-gather を実行する必要があります。

    注記: マネージドクラスターを確認する場合は、cluster-scoped-resources ディレクトリーにある gather-managed.log ファイルを検索します。

    <your-directory>/cluster-scoped-resources/gather-managed.log>

    JOINED および AVAILABLE 列に True が設定されていないマネージドクラスターがないかを確認します。must-gather コマンドは、ステータスが True として関連付けられていないクラスター上で、実行できます。

  4. 指定したディレクトリーに移動し、以下のレベルに整理されている出力を確認します。

    • ピアレベル 2 つ: cluster-scoped-resourcesnamespace のリソース
    • それぞれに対するサブレベル: クラスタースコープおよび namespace スコープの両方のリソースに対するカスタムリソース定義の API グループ。
    • それぞれに対する次のレベル: kind でソートされた YAML ファイル