Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.7.5.2. コンソールを使用したクラスターの作成

Red Hat Advanced Cluster Management コンソールからクラスターを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. ナビゲーションメニューから Infrastructure > Clusters に移動します。
  2. Clusters ページで、Create cluster をクリックします。

    注記: この手順では、クラスターを作成します。既存のクラスターをインポートする場合は、ハブクラスターへのターゲットマネージドクラスターのインポート の手順を参照してください。

  3. インフラストラクチャープロバイダーに Kubernetes ディストリビューションおよび VMware vSphere を選択します。残りの手順は、選択した内容により異なります。
  4. 一覧で利用可能な認証情報から、お使いのインフラストラクチャープロバイダーの認証情報を選択します。設定されていない場合や、新たに設定する場合は、Add credential を参照してください。認証情報の作成に関する詳細は、VMware vSphere の認証情報の作成 を参照してください。
  5. クラスターの詳細を追加します。

    1. クラスターの名前を入力します。値は、認証情報の要件セクションに記載されている DNS レコードの作成に使用した名前と一致させる必要があります。この名前はクラスターのホスト名で使用されます。

      ヒント: コンソールに情報を入力する時に yaml コンテンツの更新内容を表示するには、YAMLON に切り替えるように設定します。

    2. クラスターセットを既存のクラスターセットに追加する場合は、クラスターセット を 1 つ指定します。クラスターの作成時に cluster-admin 権限がない場合は、クラスターを作成する clusterset-admin パーミッションがあるクラスターセットを選択する必要があります。クラスターセットを選択しないと、クラスターの作成には失敗します。選択するクラスターセットが存在しない場合は、クラスター管理者に連絡して、クラスターセットへの clusterset-admin パーミッションを受け取ってください。
    3. VMware vSphere アカウントに設定した Base DNS domain 情報を指定します。値は、要件セクションに記載されている DNS レコードの作成に使用した名前と一致させる必要があります。この名前はクラスターのホスト名で使用されます。選択した認証情報にベースドメインが紐付けされている場合は、その値がこのフィールドに設定されます。値は、上書きすると変更できます。詳細は、AWS アカウントの設定 を参照してください。この名前はクラスターのホスト名で使用されます。
    4. クラスターに使用する リリースイメージ を指定します。このリリースイメージで、クラスターの作成に使用される OpenShift Container Platform イメージのバージョンを特定します。使用するバージョンが利用可能な場合は、イメージの一覧からイメージを選択できます。標準イメージ以外のイメージを使用する場合は、使用するイメージへの url を入力できます。リリースイメージの詳細は、リリースイメージ を参照してください。

      注記: OpenShift Container Platform バージョン 4.5.x 以降のリリースイメージのみがサポートされます。

    5. クラスターに関連付ける 追加のラベル を追加します。これらのラベルは、クラスターを特定し、検索結果を絞り込むのに役立ちます。
  6. コントロールプレーンプールに関する詳細を入力します。コントロールプレーンプールには、クラスター向けに作成されたコントロールプレーンノードが 3 つあります。コントロールプレーンノードは、クラスターアクティビティーの管理を共有します。必要な情報には以下のフィールドが含まれます。

    1. クラスターに割り当てる ソケットごとにコア を 1 つ以上指定します。
    2. コントロールプレーンノードに割り当てる CPU の数を指定します。
    3. 割り当てる メモリー サイズを MB 単位で指定します。
    4. コントロールプレーンノード用に作成するディスクサイズを追加します。
  7. ワーカープールに関する情報を入力します。ワーカープールにワーカーノードを作成し、クラスターのコンテナーワークロードを実行できます。ワーカーノードは、1 つのワーカープールに属することも、複数のワーカープールに分散させることもできます。ワーカーノードが指定されていない場合は、コントロールプレーンノードもワーカーノードとして機能します。情報には以下のフィールドが含まれます。

    1. ワーカープールの名前を追加します。
    2. クラスターに割り当てる ソケットごとにコア を 1 つ以上指定します。
    3. 割り当てる CPU の数を指定します。
    4. 割り当てる メモリー サイズを MB 単位で指定します。
    5. 作成する ディスクのサイズ (GiB 単位) を追加します。
    6. ノード数 を追加し、クラスター内のワーカーノードの数を指定します。

      Add worker pool をクリックして追加のワーカープールを定義できます。

  8. クラスターネットワークオプションを設定します。この情報は必須です。IPv6 を使用するには、複数のネットワークが必要です。

    1. vSphere ネットワーク名: VMware vSphere ネットワーク名
    2. API VIP: 内部 API 通信に使用する IP アドレス

      注記: 値は、要件セクションに記載されている DNS レコードの作成に使用した名前と一致させる必要があります。指定しない場合は、DNS を事前設定して api. が正しく解決されるようにします。

    3. Ingress VIP: Ingress トラフィックに使用する IP アドレス

      注記: 値は、要件セクションに記載されている DNS レコードの作成に使用した名前と一致させる必要があります。指定しない場合は、DNS を事前設定して test.apps. が正しく解決されるようにします。

      Add network をクリックして、追加のネットワークを追加できます。IPv6 アドレスを使用している場合は、複数のネットワークが必要です。

  9. プロキシーを有効にする場合は、プロキシー情報を追加します。
  10. クラスターのインストールまたはアップグレードの前後に実行する Ansible Automation template (任意) を追加します。

    Add automation template をクリックしてテンプレートを作成できます。

  11. 情報を確認し、必要に応じてカスタマイズします。

    1. YAML スライダーを On にクリックし、パネルに install-config.yaml ファイルの内容を表示します。
    2. YAML ファイルをカスタム設定で編集します。
  12. Create を選択してクラスターを作成します。

    注記: クラスターのインポートには、クラスターの詳細で提示された kubectl コマンドを実行する必要はありません。クラスターを作成すると、Red Hat Advanced Cluster Management で管理されるように自動的に設定されます。