Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.21.3. 管理対象クラスター間での Rsync レプリケーションの設定

Rsync ベースのレプリケーションの場合は、ソースクラスターおよび宛先クラスターでカスタムリソースを設定します。カスタムリソースは、address 値を使用してソースを宛先に接続し、sshKeys を使用して転送されたデータがセキュアであることを確認します。

注記: address および sshKeys の値を宛先からソースにコピーし、ソースを設定する前に宛先を設定する必要があります。

この例では、source-ns namespace の source クラスターの永続ボリューム要求から destination-ns namespace の destination クラスターの永続ボリューム要求に Rsync レプリケーションを設定する手順を説明します。必要に応じて、これらの値を他の値に置き換えることができます。

  1. 宛先クラスターを設定します。

    1. 宛先クラスターで次のコマンドを実行して、ネームスペースを作成します。

      $ kubectl create ns <destination-ns>

      destination-ns を、オンサイトのボリューム要求ごとに宛先が含まれる namespace の名前に置き換えます。

    2. 以下の YAML コンテンツをコピーし、replication_destination.yaml という名前の新規ファイルを作成します。

      ---
      apiVersion: volsync.backube/v1alpha1
      kind: ReplicationDestination
      metadata:
        name: <destination>
        namespace: <destination-ns>
      spec:
        rsync:
          serviceType: LoadBalancer
          copyMethod: Snapshot
          capacity: 2Gi
          accessModes: [ReadWriteOnce]
          storageClassName: gp2-csi
          volumeSnapshotClassName: csi-aws-vsc

      注記: capacity の値は、レプリケートされる永続ボリューム要求 (PVC) の容量と一致する必要があります。

      destination は、宛先 CR の名前に置き換えます。

      destination-ns は、宛先の namespace の名前に置き換えます。

      この例では、LoadBalancerServiceType 値が使用されます。ロードバランサーサービスはソースクラスターによって作成され、ソースマネージドクラスターが別の宛先マネージドクラスターに情報を転送できるようにします。ソースと宛先が同じクラスター上にある場合、または Submariner ネットワークサービスが設定されている場合は、サービスタイプとして ClusterIP を使用できます。ソースクラスターを設定するときに参照するシークレットのアドレスと名前をメモします。

      storageClassName および volumeSnapshotClassName は任意のパラメーターです。特に、環境のデフォルト値とは異なるストレージクラスおよびボリュームスナップショットクラス名を使用している場合は、環境の値を指定してください。

    3. 宛先クラスターで以下のコマンドを実行し、replicationdestination リソースを作成します。

      $ kubectl create -n <destination-ns> -f replication_destination.yaml

      destination-ns は、宛先の namespace の名前に置き換えます。

      replicationdestination リソースが作成されると、以下のパラメーターおよび値がリソースに追加されます。

      パラメーター

      .status.rsync.address

      送信元クラスターと宛先クラスターが通信できるようにするために使用される宛先クラスターの IP アドレス。

      .status.rsync.sshKeys

      ソースクラスターから宛先クラスターへの安全なデータ転送を可能にする SSH キーファイルの名前。

    4. 以下のコマンドを実行して、ソースクラスターで使用する .status.rsync.address の値をコピーします。

      $ ADDRESS=`kubectl get replicationdestination <destination> -n <destination-ns> --template={{.status.rsync.address}}`
      $ echo $ADDRESS

      destination は、宛先 CR の名前に置き換えます。

      destination-ns は、宛先の namespace の名前に置き換えます。

      出力は、Amazon Web Services 環境の次の出力のように表示されます。

      a831264645yhrjrjyer6f9e4a02eb2-5592c0b3d94dd376.elb.us-east-1.amazonaws.com
    5. 以下のコマンドを実行して、シークレットの名前および .status.rsync.sshKeys の値として提供されるシークレットの内容をコピーします。

      $ SSHKEYS=`kubectl get replicationdestination <destination> -n <destination-ns> --template={{.status.rsync.sshKeys}}`
      $ echo $SSHKEYS

      destination は、宛先 CR の名前に置き換えます。

      destination-ns は、宛先の namespace の名前に置き換えます。

      ソースの設定時に、ソースクラスターで入力する必要があります。出力は、SSH キーシークレットファイルの名前である必要があります。これは、次の名前のようになります。

      volsync-rsync-dst-src-destination-name
  2. 複製するソース永続ボリュームクレームを特定します。

    注記: ソース永続ボリューム要求は CSI ストレージクラスにある必要があります。

  3. ReplicationSource アイテムを作成します。

    1. 以下の YAML コンテンツをコピーして、ソースクラスターに replication_source.yaml という名前の新規ファイルを作成します。

      ---
      apiVersion: volsync.backube/v1alpha1
      kind: ReplicationSource
      metadata:
        name: <source>
        namespace: <source-ns>
      spec:
        sourcePVC: <persistent_volume_claim>
        trigger:
          schedule: "*/3 * * * *"
        rsync:
          sshKeys: <mysshkeys>
          address: <my.host.com>
          copyMethod: Snapshot
          storageClassName: gp2-csi
          volumeSnapshotClassName: csi-aws-vsc

      source は、レプリケーションソース CR の名前に置き換えます。これを自動的に置き換える方法については、この手順のステップ 3-vi を参照してください。

      source-ns を、ソースが置かれている Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC) の namespace に置き換えます。これを自動的に置き換える方法については、この手順のステップ 3-vi を参照してください。

      persistent_volume_claim は、ソース永続ボリューム要求の名前に置き換えます。

      mysshkeys は、設定時に ReplicationDestination.status.rsync.sshKeys フィールドからコピーしたキーに置き換えます。

      my.host.com は、設定時に ReplicationDestination.status.rsync.address フィールドからコピーしたホストアドレスに置き換えます。

      ストレージドライバーがクローン作成をサポートする場合は、copyMethod の値に Clone を使用すると、レプリケーションのより効率的なプロセスになる可能性があります。

      storageClassName および volumeSnapshotClassName はオプションのパラメーターです。ご使用の環境のデフォルトとは異なるストレージクラスおよびボリュームスナップショットクラス名を使用している場合は、それらの値を指定してください。

      永続ボリュームの同期方法を設定できるようになりました。

    2. 宛先クラスターに対して次のコマンドを入力して、宛先クラスターから SSH シークレットをコピーします。

      $ kubectl get secret -n <destination-ns> $SSHKEYS -o yaml > /tmp/secret.yaml

      destination-ns を、宛先が置かれている永続ボリューム要求の namespace に置き換えます。

    3. 以下のコマンドを入力して、vi エディターでシークレットファイルを開きます。

      $ vi /tmp/secret.yaml
    4. 宛先クラスターのオープンシークレットファイルで、次の変更を行います。

      • 名前空間をソースクラスターの名前空間に変更します。この例では、source-ns です。
      • 所有者の参照を削除します (.metadata.ownerReferences)。
    5. ソースクラスターで、ソースクラスターで次のコマンドを入力してシークレットファイルを作成します。

      $ kubectl create -f /tmp/secret.yaml
    6. ソースクラスターで、以下のコマンドを入力して ReplicationSource オブジェクトの address および sshKeys の値を、宛先クラスターから書き留めた値に置き換えて replication_source.yaml ファイルを変更します。

      $ sed -i "s/<my.host.com>/$ADDRESS/g" replication_source.yaml
      $ sed -i "s/<mysshkeys>/$SSHKEYS/g" replication_source.yaml
      $ kubectl create -n <source> -f replication_source.yaml

      my.host.com は、設定時に ReplicationDestination.status.rsync.address フィールドからコピーしたホストアドレスに置き換えます。

      mysshkeys は、設定時に ReplicationDestination.status.rsync.sshKeys フィールドからコピーしたキーに置き換えます。

      source を、ソース が置かれている永続ボリューム要求の名前に置き換えます。

      注記: 複製する永続ボリューム要求と同じ namespace にファイルを作成する必要があります。

    7. ReplicationSource オブジェクトで以下のコマンドを実行して、レプリケーションが完了したことを確認します。

      $ kubectl describe ReplicationSource -n <source-ns> <source>

      source-ns を、ソースが置かれている Persistent Volume Claim の namespace に置き換えます。

      source は、レプリケーションソース CR の名前に置き換えます。

      レプリケーションが成功した場合、出力は次の例のようになります。

      Status:
        Conditions:
          Last Transition Time:  2021-10-14T20:48:00Z
          Message:               Synchronization in-progress
          Reason:                SyncInProgress
          Status:                True
          Type:                  Synchronizing
          Last Transition Time:  2021-10-14T20:41:41Z
          Message:               Reconcile complete
          Reason:                ReconcileComplete
          Status:                True
          Type:                  Reconciled
        Last Sync Duration:      5m20.764642395s
        Last Sync Time:          2021-10-14T20:47:01Z
        Next Sync Time:          2021-10-14T20:48:00Z

      Last Sync Time に時間がリストされていない場合、レプリケーションは完了しません。