Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.21. VolSync を使用した永続ボリュームの複製

VolSync は、レプリケーションの互換性がないストレージタイプがしていされたクラスター全体、または 1 つのクラスター内の永続ボリュームの非同期レプリケーションを有効にする Kubernetes Operator です。これは Container Storage Interface (CSI) を使用して互換性の制限を解消します。VolSync オペレーターを環境にデプロイした後、それを活用して永続データのコピーを作成および保守できます。

注記: VolSync は FIPS 標準の要件に対応していません。

VolSync 使用時に、複製に使用できる方法は 3 つあります。これは、所有する同期の場所の数により異なります。この例では、Rsync メソッドが使用されます。他の方法や Rsync の詳細情報は、VolSync ドキュメントの 使用方法 を参照してください。

rsync レプリケーションは永続ボリュームの 1 対 1 レプリケーションであり、最も一般的に使用される可能性が高くなります。これは、リモートサイトにデータを複製するために使用されます。

1.21.1. 前提条件

クラスターに VolSync をインストールする前に、以下の要件が必要です。

  • Red Hat Advanced Cluster Management バージョン 2.4 以降のハブクラスターで実行中で、設定済みの OpenShift Container Platform 環境。
  • 同じ Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターが管理する 2 つ以上のクラスター。
  • VolSync で設定しているクラスター間のネットワーク接続。クラスターが同じネットワーク上にない場合は、Submariner ネットワークサービス を設定し、ServiceTypeClusterIP 値を使用してクラスターをネットワーク化するか、ServiceTypeLoadBalancer 値でロードバランサーを使用できます。
  • ソース永続ボリュームに使用するストレージドライバーは、CSI 互換であり、スナップショットをサポートできる必要があります。