Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.18.2. 非接続クラスターのアップグレード

Red Hat OpenShift Update Service を Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes で使用すると、非接続環境でクラスターをアップグレードできます。

セキュリティー上の理由で、クラスターがインターネットに直接接続できない場合があります。このような場合は、アップグレードが利用可能なタイミングや、これらのアップグレードの処理方法を把握するのが困難になります。OpenShift Update Service を設定すると便利です。

OpenShift Update Service は、個別の Operator および オペランドで、非接続環境で利用可能なマネージドクラスターを監視して、クラスターのアップグレードで利用できるようにします。OpenShift Update Service の設定後に、以下のアクションを実行できます。

  1. オフラインのクラスター向けにいつアップグレードが利用できるかを監視します。
  2. グラフデータファイルを使用してアップグレード用にどの更新がローカルサイトにミラーリングされているかを特定します。
  3. Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用して、クラスターのアップグレードが利用可能であることを通知します。

1.18.2.1. 前提条件

OpenShift Update Service を使用して非接続クラスターをアップグレードするには、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Red Hat OpenShift Container Platform 4.6 以降に、制限付きの OLM を設定して Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターをデプロイしている。制限付きの OLM の設定方法については、ネットワークが制限された環境での Operator Lifecycle Manager の使用 を参照してください。

    ヒント: 制限付きの OLM の設定時に、カタログソースイメージをメモします。

  • Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターが管理する OpenShift Container Platform クラスター。
  • クラスターイメージをミラーリング可能なローカルレジストリーにアクセスするための認証情報。このリポジトリーの作成方法は、非接続インストールのイメージのミラーリング を参照してください。

    注記: アップグレードするクラスターの現行バージョンのイメージは、ミラーリングされたイメージの 1 つとして常に利用可能でなければなりません。アップグレードに失敗すると、クラスターはアップグレード試行時のクラスターのバージョンに戻ります。