Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.17.2.2. 検出の設定とプロセス

注記: DiscoveryConfigdiscovery という名前に指定し、選択した credential と同じ namespace に作成する必要があります。以下の DiscoveryConfig のサンプルを参照してください。

apiVersion: discovery.open-cluster-management.io/v1alpha1
kind: DiscoveryConfig
metadata:
  name: discovery
  namespace: <NAMESPACE_NAME>
spec:
  credential: <SECRET_NAME>
  filters:
    lastActive: 7
    openshiftVersions:
    - "4.8"
    - "4.7"
    - "4.6"
    - "4.5"
  1. SECRET_NAME は、以前に設定した認証情報に置き換えます。
  2. NAMESPACE_NAMESECRET_NAME の namespace に置き換えます。
  3. クラスターの最後のアクティビティー (日数) からの最大時間を入力します。たとえば、lastActive: 7 は、過去 7 日間にアクティブなクラスターのみ検出します。
  4. Red Hat OpenShift クラスターのバージョンを入力して、文字列の一覧として検出します。注記: openshiftVersions 一覧に含まれるエントリーはすべて、OpenShift のメジャーバージョンとマイナーバージョンを指定します。たとえば、"4.7" には OpenShift バージョン 4.7 (4.7.14.7.2 など) のパッチリリースすべてが含まれます。