Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.7.9.4. CLI を使用して休止中のクラスターの通常操作を再開する手順

CLI を使用して、休止中のクラスターの通常操作を再開するには、以下の手順を実行します。

  1. 以下のコマンドを入力してクラスターの設定を編集します。

    oc edit clusterdeployment <name-of-cluster> -n <namespace-of-cluster>

    name-of-cluster は、休止するクラスター名に置き換えます。

    namespace-of-cluster は、休止するクラスターの namespace に置き換えます。

  2. spec.powerState の値を Running に変更します。
  3. 以下のコマンドを実行して、クラスターのステータスを表示します。

    oc get clusterdeployment <name-of-cluster> -n <namespace-of-cluster> -o yaml

    name-of-cluster は、休止するクラスター名に置き換えます。

    namespace-of-cluster は、休止するクラスターの namespace に置き換えます。

    クラスターの再開プロセスが完了すると、クラスターのタイプの値は type=Running になります。

選択したクラスターで通常の操作が再開されました。