Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.3. クラスターのサイズ変更 (テクノロジープレビュー)

仮想マシンのサイズやノード数などのマネージドクラスターの仕様をカスタマイズできます。

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes が管理するクラスターの多くは、Red Hat Advanced Cluster Management コンソールまたはコマンドライン、MachinePool リソースを使用してスケーリングできます。MachinePool リソースは、ハブクラスター上の Kubernetes リソースで、MachineSet リソースをマネージドクラスターでグループ化します。MachinePool リソースは、ゾーンの設定、インスタンスタイプ、ルートストレージなど、マシンリソースのセットを均一に設定します。また、マネージドクラスターで、必要なノード数を手動で設定したり、ノードの自動スケーリングを設定したりするのに役立ちます。

1.3.1. Red Hat Advanced Cluster Management で作成したマネージドクラスターのスケーリング

MachinePool リソースを使用して Red Hat Advanced Cluster Management で作成されたクラスターのスケーリングは、テクノロジープレビュー機能であり、Red Hat Advanced Cluster Management で作成されたベアメタルクラスターではサポートされません。

1.3.1.1. 自動スケーリング

自動スケーリングを設定すると、トラフィックが少ない場合にリソースをスケールダウンし、多くのリソースが必要な場合に十分にリソースを確保できるようにスケールアップするなど、必要に応じてクラスターに柔軟性を持たせることができます。

1.3.1.1.1. 自動スケーリングの有効化
  • Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用して、 MachinePool リソースで自動スケーリングを有効化するには、以下の手順を実行します。

    1. Red Hat Advanced Cluster Management ナビゲーションで Infrastructure > Clusters に移動します。
    2. ターゲットクラスターの名前をクリックし、クラスターの詳細を表示します。
    3. Machine pools タブを選択して、マシンプール情報を表示します。
    4. マシンプールページのターゲットマシンプールの Options メニューから Enable autoscale を選択します。
    5. マシンセットレプリカの最小数および最大数を選択します。マシンセットレプリカは、クラスターのノードに直接マップします。
    6. Scale を選択して変更を送信します。

      変更内容をコンソール De 反映するのに数分かかる場合があります。Machine pools タブの通知がある場合は、View machines をクリックしてスケーリング操作のステータスを表示できます。

  • コマンドラインを使用して MachinePool リソースで自動スケーリングを有効にするには、以下の手順を実行します。

    1. 以下のコマンドを実行して、マシンプールの一覧を表示します。

      oc get machinepools -n <managed-cluster-namespace>

      managed-cluster-namespace は、ターゲットのマネージドクラスターの namespace に置き換えます。

    2. 以下のコマンドを入力してマシンプールの YAML ファイルを編集します。

      oc edit machinepool <name-of-MachinePool-resource> -n <namespace-of-managed-cluster>

      name-of-MachinePool-resource は、MachinePool リソースの名前に置き換えます。

      namespace-of-managed-cluster は、マネージドクラスターの namespace 名に置き換えます。

    3. YAML ファイルから spec.replicas フィールドを削除します。
    4. spec.autoscaling.minReplicas 設定および spec.autoscaling.maxReplicas フィールドをリソース YAML に追加します。
    5. レプリカの最小数を minReplicas 設定に追加します。
    6. レプリカの最大数を maxReplicas 設定に追加します。
    7. ファイルを保存して変更を送信します。

マシンプールの自動スケーリングが有効になりました。

1.3.1.1.2. 自動スケーリングの無効化

コンソールまたはコマンドラインを使用して自動スケーリングを無効にできます。

  • Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用して自動スケーリングを無効にするには、以下の手順を実行します。

    1. Red Hat Advanced Cluster Management ナビゲーションで Infrastructure > Clusters に移動します。
    2. ターゲットクラスターの名前をクリックし、クラスターの詳細を表示します。
    3. Machine pools タブを選択して、マシンプール情報を表示します。
    4. マシンプールページから、ターゲットマシンプールの Options メニューから autoscale を無効にします。
    5. 必要なマシンセットのレプリカ数を選択します。マシンセットのレプリカは、クラスター上のノードを直接マップします。
    6. Scale を選択して変更を送信します。コンソールに表示されるまでに数分かかる場合があります。
    7. Machine pools タブの通知で View machine をクリックし、スケーリングのステータスを表示します。
  • コマンドラインを使用して自動スケーリングを無効にするには、以下の手順を実行します。

    1. 以下のコマンドを実行して、マシンプールの一覧を表示します。

      oc get machinepools -n <managed-cluster-namespace>

      managed-cluster-namespace は、ターゲットのマネージドクラスターの namespace に置き換えます。

    2. 以下のコマンドを入力してマシンプールの YAML ファイルを編集します。

      oc edit machinepool <name-of-MachinePool-resource> -n <namespace-of-managed-cluster>

      name-of-MachinePool-resource は、MachinePool リソースの名前に置き換えます。

      namespace-of-managed-cluster は、マネージドクラスターの namespace 名に置き換えます。

    3. YAML ファイルから spec.autoscaling フィールドを削除します。
    4. spec.replicas フィールドをリソース YAML に追加します。
    5. replicas の設定にレプリカ数を追加します。
    6. ファイルを保存して変更を送信します。

自動スケーリングが無効になりました。

1.3.1.2. クラスターの手動スケーリング

クラスターの自動スケーリングを有効にしない場合は、Red Hat Advanced Cluster Management コンソールまたはコマンドラインで、クラスターが管理するレプリカの静的数を変更できます。これにより、必要に応じてサイズを増減できます。

1.3.1.2.1. コンソールを使用した手作業でのクラスターのスケーリング

Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用して MachinePool リソースをスケーリングするには、以下の手順を実行します。

  1. Red Hat Advanced Cluster Management ナビゲーションで Infrastructure > Clusters に移動します。
  2. ターゲットクラスターの名前をクリックし、クラスターの詳細を表示します。
  3. Machine pools タブを選択して、マシンプール情報を表示します。

    注記: Autoscale フィールドの値が Enabled になっている場合に、自動スケーリングの無効化 の手順を実行して自動スケーリング機能を無効にするようにしてください。

  4. マシンプールの Options メニューから、Scale machine pool を選択します。
  5. マシンプールをスケーリングするようにマシンセットのレプリカ数を調整します。
  6. Scale を選択して変更を実装します。
1.3.1.2.2. コマンドラインを使用した手作業でのクラスターのスケーリング

コマンドラインを使用して MachinePool リソースをスケーリングするには、以下の手順を実行します。

  1. 以下のコマンドを実行して、マシンプールの一覧を表示します。

    oc get machinepools -n <managed-cluster-namespace>

    managed-cluster-namespace は、ターゲットのマネージドクラスターの namespace に置き換えます。

  2. 以下のコマンドを入力してマシンプールの YAML ファイルを編集します。

    oc edit machinepool <name-of-MachinePool-resource> -n <namespace-of-managed-cluster>

    name-of-MachinePool-resource は、MachinePool リソースの名前に置き換えます。

    namespace-of-managed-cluster は、マネージドクラスターの namespace 名に置き換えます。

  3. YAML の spec.replicas 設定は、レプリカの数に更新します。
  4. ファイルを保存して変更を送信します。

クラスターが新しいサイズ設定を使用するようになりました。