Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.19.3. クラスター削除後の残りのリソースの削除

削除したマネージドクラスターにリソースが残っている場合は、残りのすべてのコンポーネントを削除するための追加の手順が必要になります。これらの追加手順が必要な場合には、以下の例が含まれます。

  • マネージドクラスターは、完全に作成される前にデタッチされ、klusterlet などのコンポーネントはマネージドクラスターに残ります。
  • マネージドクラスターをデタッチする前に、クラスターを管理していたハブが失われたり、破棄されているため、ハブからマネージドクラスターをデタッチする方法はありません。
  • マネージドクラスターは、デタッチ時にオンライン状態ではありませんでした。

これらの状況の 1 つがマネージドクラスターのデタッチの試行に該当する場合は、マネージドクラスターから削除できないリソースがいくつかあります。マネージドクラスターをデタッチするには、以下の手順を実行します。

  1. oc コマンドラインインターフェイスが設定されていることを確認してください。
  2. また、マネージドクラスターに KUBECONFIG が設定されていることを確認してください。

    oc get ns | grep open-cluster-management-agent を実行すると、2 つの namespace が表示されるはずです。

    open-cluster-management-agent         Active   10m
    open-cluster-management-agent-addon   Active   10m
  3. 次のコマンドを実行して、残りのリソースを削除します。

    oc delete namespaces open-cluster-management-agent open-cluster-management-agent-addon --wait=false
    oc get crds | grep open-cluster-management.io | awk '{print $1}' | xargs oc delete crds --wait=false
    oc get crds | grep open-cluster-management.io | awk '{print $1}' | xargs oc patch crds --type=merge -p '{"metadata":{"finalizers": []}}'
  4. 次のコマンドを実行して、namespaces と開いているすべてのクラスター管理 crds の両方が削除されていることを確認します。

    oc get crds | grep open-cluster-management.io | awk '{print $1}'
    oc get ns | grep open-cluster-management-agent