Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.18.2.8. 非接続カタログソースをデプロイするためのポリシーのデプロイ

マネージドクラスターに Catalogsource ポリシーをプッシュして、接続環境がある場所から非接続のローカルレジストリーにデフォルトの場所を変更します。

  1. Red Hat Advanced Cluster Management コンソールで Infrastructure > Clusters を選択します。
  2. クラスター一覧でポリシーを受信するマネージドクラスターを検索します。
  3. マネージドクラスターの name ラベルの値をメモします。ラベルの形式は name=managed-cluster-name です。この値は、ポリシーのプッシュ時に使用します。
  4. Red Hat Advanced Cluster Management コンソールメニューで、Governance > Create policy を選択します。
  5. YAML スイッチを On に設定して、ポリシーの YAML バージョンを表示します。
  6. YAML コードのコンテンツをすべて削除します。
  7. 以下の YAML コンテンツをウィンドウに貼り付け、カスタムポリシーを作成します。

    apiVersion: policy.open-cluster-management.io/v1
    kind: Policy
    metadata:
      name: policy-pod
      namespace: default
      annotations:
        policy.open-cluster-management.io/standards:
        policy.open-cluster-management.io/categories:
        policy.open-cluster-management.io/controls:
    spec:
      disabled: false
      policy-templates:
        - objectDefinition:
            apiVersion: policy.open-cluster-management.io/v1
            kind: ConfigurationPolicy
            metadata:
              name: policy-pod-sample-nginx-pod
            spec:
              object-templates:
                - complianceType: musthave
                  objectDefinition:
                    apiVersion: v1
                    kind: Pod
                    metadata:
                      name: sample-nginx-pod
                      namespace: default
                    status:
                      phase: Running
              remediationAction: inform
              severity: low
      remediationAction: enforce
    ---
    apiVersion: policy.open-cluster-management.io/v1
    kind: PlacementBinding
    metadata:
      name: binding-policy-pod
      namespace: default
    placementRef:
      name: placement-policy-pod
      kind: PlacementRule
      apiGroup: apps.open-cluster-management.io
    subjects:
    - name: policy-pod
      kind: Policy
      apiGroup: policy.open-cluster-management.io
    ---
    apiVersion: apps.open-cluster-management.io/v1
    kind: PlacementRule
    metadata:
      name: placement-policy-pod
      namespace: default
    spec:
      clusterConditions:
      - status: "True"
        type: ManagedClusterConditionAvailable
      clusterSelector:
        matchExpressions:
          []  # selects all clusters if not specified
  8. 以下の内容をポリシーに追加します。

    apiVersion: config.openshift.io/vi
    kind: OperatorHub
    metadata:
     name: cluster
    spec:
     disableAllDefaultSources: true
  9. 以下の内容を追加します。

    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: CatalogSource
    metadata:
      name: my-operator-catalog
      namespace: openshift-marketplace
    spec:
      sourceType: grpc
      image: <registry_host_name>:<port>/olm/redhat-operators:v1
      displayName: My Operator Catalog
      publisher: grpc

    spec.image の値は、ローカルの制約付きのカタログソースイメージへのパスに置き換えます。

  10. Red Hat Advanced Cluster Management コンソールのナビゲーションで、Infrastructure > Clusters を選択して、マネージドクラスターのステータスを確認します。ポリシーが適用されると、クラスターのステータスは Ready になります。