Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.19.4. クラスターの削除後の etcd データベースのデフラグ

マネージドクラスターが多数ある場合は、ハブクラスターの etcd データベースのサイズに影響を与える可能性があります。OpenShift Container Platform 4.8 では、マネージドクラスターを削除すると、ハブクラスターの etcd データベースのサイズは自動的に縮小されません。シナリオによっては、etcd データベースは領域不足になる可能性があります。etcdserver: mvcc: database space exceeded のエラーが表示されます。このエラーを修正するには、データベース履歴を圧縮し、etcd データベースのデフラグを実行して etcd データベースのサイズを縮小します。

注記: OpenShift Container Platform バージョン 4.9 以降では、etcd Operator はディスクを自動的にデフラグし、etcd 履歴を圧縮します。手動による介入は必要ありません。以下の手順は、OpenShift Container Platform 4.8 以前のバージョン向けです。

以下の手順を実行して、ハブクラスターで etcd 履歴を圧縮し、ハブクラスターで etcd データベースをデフラグします。

1.19.4.1. 前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインしている。