Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.6.3. コンソールを使用したインフラストラクチャー環境の作成

Red Hat Advanced Cluster Management コンソールからインフラストラクチャー環境を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. ナビゲーションメニューから Infrastructure > Clusters に移動します。
  2. インフラストラクチャー環境 ページで、Create infrastructure environment をクリックします。
  3. お使いのインフラストラクチャー環境設定に以下の情報を追加します。

    • Name: お使いの環境の一意の名前。

      重要: クラスターの削除時にこのインフラストラクチャー環境が誤って削除されないようにするために、このインフラストラクチャー環境の名前は環境内のクラスターの名前と同じにすることはできません。

    • ネットワークタイプ: 環境に追加可能なホストのタイプを指定できます。ベアメタルホストを使用している場合には、静的 IP オプションのみを使用できます。
    • Location: ホストの地理的な場所を指定します。地理的な場所を使用すると、クラスターの作成時に、クラスター上のデータの保存場所を簡単に判断できます。
    • Labels: インフラストラクチャー環境にラベルを追加できる任意のフィールド。これにより、検索がかんたんになり、特徴がよく似た他の環境とグループ化できます。ネットワークタイプと場所に対して行った選択は、自動的にラベルの一覧に追加されます。
    • プルシークレット: OpenShift Container Platform リソースへのアクセスを可能にする OpenShift Container Platform プルシークレット
    • SSH 公開鍵: ホストとのセキュアな通信を可能にする SSH キー。これは通常 ~/.ssh/id_rsa.pub ファイルにあります。
    • すべてのクラスターでプロキシー設定を有効にする必要がある場合は、有効にする設定を選択します。この設定は、以下の情報を入力する必要があります。

      • HTTP Proxy URL: 検出サービスへのアクセス時に使用する必要のある URL。
      • HTTPS Proxy URL: 検出サービスへのアクセス時に使用する必要のあるセキュアなプロキシー URL。https はまだサポートされていないため、形式は http である必要があります。
      • プロキシードメインなし: プロキシーをバイパスする必要のあるドメインのコンマ区切りリスト。ドメイン名をピリオド (.) で開始し、そのドメインにあるすべてのサブドメインを組み込みます。(*) を追加し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。

ホストをインフラストラクチャー環境に追加して、続行できるようになりました。