Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.6. インフラストラクチャー環境の作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、インフラストラクチャー環境を作成して、ホストを管理し、それらのホストでクラスターを作成できます。

インフラストラクチャー環境は、次の機能をサポートしています。

  • クラスターのゼロタッチプロビジョニング: スクリプトを使用してクラスターを展開します。詳細は、Red Hat OpenShift Container Platform ドキュメントの Deploying distributed units at scale in a disconnected environment を参照してください。
  • レイトバインディング: インフラストラクチャー管理者がホストを起動できるようにします。クラスター作成者は、後でクラスターをそのホストにバインドできます。レイトバインディングを使用する場合、クラスター作成者はインフラストラクチャーに対する管理者権限を持っている必要はありません。
  • デュアルスタック: IPv4 と IPv6 の両方のアドレスを持つクラスターをデプロイします。デュアルスタックは、OVN-Kubernetes ネットワーク実装を使用して、複数のサブネットをサポートします。
  • リモートワーカーノードの追加: リモートワーカーノードを作成して実行した後、クラスターに追加します。これにより、バックアップ目的で他の場所にノードを追加する柔軟性が提供されます。
  • NMState を使用した静的 IP: NMState API を使用して、環境の静的 IP アドレスを定義します。
  • Red Hat Advanced Cluster Management バージョン 2.3 を Assisted Installer 静的 IP アドレス指定を使用して Red Hat Advanced Cluster Management 2.4 にアップグレードします。ハブクラスター上の Red Hat Advanced Cluster Management をバージョン 2.3 から 2.4 にアップグレードすると、ハブクラスター上のインフラストラクチャー Operator およびインフラストラクチャーオペランド、または支援付きのサービスがバージョン 2.3 から 2.4 バンドル版にアップグレードされます。管理対象クラスターは自動的にアップグレードされません。

1.6.1. 前提条件

インフラストラクチャー観葉を作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • OpenShift Container Platform バージョン 4.9 以降に、Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターをデプロイしておく。
  • クラスターを作成するために必要なイメージを取得するための、Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターへのインターネットアクセス (接続済み)、あるいはインターネットへの接続がある内部またはミラーレジストリーへの接続 (非接続) がある。
  • ハブクラスター上にある設定済みの Central Infrastructure Management(CIM) 機能のインスタンス。手順は Configuring the Central Infrastructure Management service を参照してください。
  • OpenShift Container Platform プルシークレット。詳細は、イメージプルシークレットの使用 を参照してください。
  • デフォルトで ~/.ssh/id_rsa.pub ファイルにある SSH キーです。
  • 設定されたストレージクラス。
  • 非接続環境のみ: OpenShift Container Platform ドキュメントの 非接続環境の準備 の手順を実行します。