Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.7.3. Microsoft Azure でのクラスターの作成

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールを使用して、Microsoft Azure または Microsoft Azure Government で Red Hat OpenShift Container Platform クラスターをデプロイできます。

クラスターを作成する場合、作成プロセスでは、Hive リソースを使用して OpenShift Container Platform インストーラーを使用します。この手順の完了後にクラスターを作成する場合、このプロセスの詳細について、OpenShift Container Platform ドキュメントの Azure へのインストール を参照してください。

1.7.3.1. 前提条件

Azure でクラスターを作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes のハブクラスターをデプロイしている。
  • Azure または Azure Government で Kubernetes クラスターを作成できるようにする Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes ハブクラスターでのインターネットアクセスがある。
  • Azure 認証情報。

    詳細は、Microsoft Azure の認証情報の作成 を参照してください。

  • Azure または Azure Government で設定されたドメイン。

    ドメイン設定の方法は、Configuring a custom domain name for an Azure cloud service を参照してください。

  • ユーザー名とパスワードなどの Azure ログイン認証情報。Microsoft Azure Portal を参照してください。
  • clientIdclientSecrettenantId などの Azure サービスプリンシパル。

    azure.microsoft.com を参照してください。

  • OpenShift Container Platform イメージプルシークレット。

    イメージプルシークレットの使用 を参照してください。

注記: クラウドプロバイダーのアクセスキーを変更する場合は、プロビジョニングしたクラスターアクセスキーを手動で更新する必要があります。詳細は、既知の問題の プロビジョニングしたクラスターのシークレットの自動更新はサポートされない を参照してください。