Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.16. ClusterClaims

ClusterClaim は、マネージドクラスター上のカスタムリソース定義 (CRD) です。ClusterClaim は、マネージドクラスターが要求する情報の一部を表します。以下の例は、YAML ファイルで特定される要求を示しています。

apiVersion: cluster.open-cluster-management.io/v1alpha1
kind: ClusterClaim
metadata:
  name: id.openshift.io
spec:
  value: 95f91f25-d7a2-4fc3-9237-2ef633d8451c

以下の表は、Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes が管理するクラスターにある、定義済みの ClusterClaim を示しています。

要求名予約変更可能説明

id.k8s.io

true

false

アップストリームの提案で定義された ClusterID

kubeversion.open-cluster-management.io

true

true

Kubernetes バージョン

platform.open-cluster-management.io

true

false

AWS、GCE、Equinix Metal など、マネージドクラスターが稼働しているプラットフォーム

product.open-cluster-management.io

true

false

OpenShift、Anthos、EKS、および GKE などの製品名

id.openshift.io

false

false

OpenShift Container Platform クラスターでのみ利用できる OpenShift Container Platform 外部 ID

consoleurl.openshift.io

false

true

OpenShift Container Platform クラスターでのみ利用できる管理コンソールの URL

version.openshift.io

false

true

OpenShift Container Platform クラスターでのみ利用できる OpenShift Container Platform バージョン

マネージドクラスターで以前の要求が削除されるか、または更新されると、自動的に復元またはロールバックされます。

マネージドクラスターがハブに参加すると、マネージドクラスターで作成された ClusterClaim は、ハブの ManagedCluster リソースのステータスと同期されます。ClusterClaims のマネージドクラスターは、以下の例のようになります。

apiVersion: cluster.open-cluster-management.io/v1
kind: ManagedCluster
metadata:
  labels:
    cloud: Amazon
    clusterID: 95f91f25-d7a2-4fc3-9237-2ef633d8451c
    installer.name: multiclusterhub
    installer.namespace: open-cluster-management
    name: cluster1
    vendor: OpenShift
  name: cluster1
spec:
  hubAcceptsClient: true
  leaseDurationSeconds: 60
status:
  allocatable:
    cpu: '15'
    memory: 65257Mi
  capacity:
    cpu: '18'
    memory: 72001Mi
  clusterClaims:
    - name: id.k8s.io
      value: cluster1
    - name: kubeversion.open-cluster-management.io
      value: v1.18.3+6c42de8
    - name: platform.open-cluster-management.io
      value: AWS
    - name: product.open-cluster-management.io
      value: OpenShift
    - name: id.openshift.io
      value: 95f91f25-d7a2-4fc3-9237-2ef633d8451c
    - name: consoleurl.openshift.io
      value: 'https://console-openshift-console.apps.xxxx.dev04.red-chesterfield.com'
    - name: version.openshift.io
      value: '4.5'
  conditions:
    - lastTransitionTime: '2020-10-26T07:08:49Z'
      message: Accepted by hub cluster admin
      reason: HubClusterAdminAccepted
      status: 'True'
      type: HubAcceptedManagedCluster
    - lastTransitionTime: '2020-10-26T07:09:18Z'
      message: Managed cluster joined
      reason: ManagedClusterJoined
      status: 'True'
      type: ManagedClusterJoined
    - lastTransitionTime: '2020-10-30T07:20:20Z'
      message: Managed cluster is available
      reason: ManagedClusterAvailable
      status: 'True'
      type: ManagedClusterConditionAvailable
  version:
    kubernetes: v1.18.3+6c42de8

1.16.1. 既存の ClusterClaim の表示

kubectl コマンドを使用して、マネージドクラスターに適用される ClusterClaim を一覧表示できます。これは、ClusterClaim をエラーメッセージと比較する場合に便利です。

注記: clusterclaims.cluster.open-cluster-management.io のリソースに list のパーミッションがあることを確認します。

以下のコマンドを実行して、マネージドクラスターにある既存の ClusterClaim の一覧を表示します。

kubectl get clusterclaims.cluster.open-cluster-management.io