Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.18.2.4. グラフデータの init コンテナーの構築

OpenShift Update Service はグラフデータ情報を使用して、利用可能なアップグレードを判別します。オンライン環境では、OpenShift Update Service は Cincinnati グラフデータの GitHub リポジトリー から直接利用可能なアップグレードがないか、グラフデータ情報をプルします。非接続環境を設定しているため、init container を使用してローカルリポジトリーでグラフデータを利用できるようにする必要があります。以下の手順を実行して、グラフデータの init container を作成します。

  1. 以下のコマンドを入力して、グラフデータ Git リポジトリーのクローンを作成します。

    git clone https://github.com/openshift/cincinnati-graph-data
  2. グラフデータの init の情報が含まれるファイルを作成します。このサンプル Dockerfile は、cincinnati-operator GitHub リポジトリーにあります。ファイルの内容は以下の例のようになります。

    FROM registry.access.redhat.com/ubi8/ubi:8.1
    
    RUN curl -L -o cincinnati-graph-data.tar.gz https://github.com/openshift/cincinnati-graph-data/archive/master.tar.gz
    
    RUN mkdir -p /var/lib/cincinnati/graph-data/
    
    CMD exec /bin/bash -c "tar xvzf cincinnati-graph-data.tar.gz -C /var/lib/
    cincinnati/graph-data/ --strip-components=1"

    この例では、以下のように設定されています。

    • FROM 値は、OpenShift Update Service がイメージを検索する先の外部レジストリーに置き換えます。
    • RUN コマンドはディレクトリーを作成し、アップグレードファイルをパッケージ化します。
    • CMD コマンドは、パッケージファイルをローカルリポジトリーにコピーして、ファイルを展開してアップグレードします。
  3. 以下のコマンドを実行して、 graph data init container をビルドします。

    podman build -f <path_to_Dockerfile> -t ${DISCONNECTED_REGISTRY}/cincinnati/cincinnati-graph-data-container:latest
    podman push ${DISCONNECTED_REGISTRY}/cincinnati/cincinnati-graph-data-container:latest --authfile=/path/to/pull_secret.json

    path_to_Dockerfile は、直前の手順で作成したファイルへのパスに置き換えます。

    ${DISCONNECTED_REGISTRY}/cincinnati/cincinnati-graph-data-container は、ローカルグラフデータ init container へのパスに置き換えます。

    /path/to/pull_secret は、プルシークレットへのパスに置き換えます。

    注記: podman がインストールされていない場合は、コマンドの podmandocker に置き換えることもできます。