Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.14.2. ManagedClusterSet に対するユーザーまたはグループのロールベースのアクセス制御パーミッションの割り当て

ハブクラスターに設定したアイデンティティープロバイダーが提供するクラスターセットに、ユーザーまたはグループを割り当てることができます。

必要なアクセス権限: クラスターの管理者

ManagedClusterSet API が提供する RBAC パーミッションにはレベルが 2 つあります。

  • クラスターセット admin

    • マネージドクラスターセットに割り当てられた、すべてのクラスターおよびクラスタープールリソースに対する完全なアクセス権限。
    • クラスターの作成、クラスターのインポート、クラスタープールの作成権限。パーミッションは、マネージドクラスターセットの作成時に設定したマネージドクラスターに割り当てる必要があります。
  • クラスターセット view

    • マネージドクラスターセットに割り当てられた、すべてのクラスターおよびクラスタープールリソースに対する読み取り専用の権限。
    • クラスターの作成、クラスターのインポート、またはクラスタープールの作成を実行する権限なし。

Red Hat Advanced Cluster Management コンソールからマネージドクラスターセットにユーザーまたはグループを割り当てるには、以下の手順を実行します。

  1. コンソールのメインナビゲーションメニューで、Infrastructure > Clusters を選択します。
  2. Cluster sets タブを選択します。
  3. ターゲットクラスターセットを選択します。
  4. Access management タブを選択します。
  5. Add user or group を選択します。
  6. アクセス権を割り当てるユーザーまたはグループを検索して選択します。
  7. Cluster set admin または Cluster set view ロールを選択して、選択したユーザーまたはグループに付与します。ロールのパーミッションについての詳細は、ロールの概要 を参照してください。
  8. Add を選択して変更を送信します。

テーブルにユーザーまたはグループが表示されます。全マネージドクラスターセットリソースのパーミッションの割り当てがユーザーまたはグループに伝播されるまでに数秒かかる場合があります。

ロールアクションの詳細は、ロールベースのアクセス制御 を参照してください。

配置の詳細については、Placement での ManagedClustersSets の使用 を参照してください。

1.14.2.1. ManagedClusterSetBinding リソースの作成

ManagedClusterSetBinding リソースを作成して ManagedClusterSet リソースを namespace にバインドします。同じ namespace で作成されたアプリケーションおよびポリシーがアクセスできるのは、バインドされたマネージドクラスターセットリソースに含まれるマネージドクラスターだけです。

namespace へのアクセスパーミッションは、その namespace にバインドされるマネージドクラスターセットに自動的に適用されます。マネージドクラスターセットがバインドされる namespace へのアクセス権限がある場合は、その namespace にバインドされているマネージドクラスターセットにアクセス権限が自動的に付与されます。ただし、マネージドクラスターセットへのアクセス権限のみがある場合は、対象の namespace にある他のマネージドクラスターセットにアクセスする権限は自動的に割り当てられません。マネージドクラスターセットが表示されない場合は、表示に必要なパーミッションがない可能性があります。

コンソールまたはコマンドラインを使用してマネージドクラスターセットバインディングを作成できます。

1.14.2.1.1. コンソールを使用した ManagedClusterSetBinding の作成

Red Hat Advanced Cluster Management コンソールを使用して、マネージドクラスターセットからクラスターを削除するには、以下の手順を実行します。

  1. メインのナビゲーションで Infrastructure > Clusters を選択して、クラスターページにアクセスします。
  2. Cluster sets タブを選択して、利用可能なクラスターセットを表示します。
  3. バインディングを作成するクラスターセットの名前を選択し、クラスターセットの詳細を表示します。
  4. Actions > Edit namespace bindings を選択します。
  5. Edit namespace bindings ページで、ドロップダウンメニューからクラスターセットをバインドする namespace を選択します。このクラスターセットにバインディングされている既存の namespace は選択してあります。
  6. Save を選択して変更を送信します。
1.14.2.1.2. コマンドラインを使用した ManagedClusterSetBinding の作成

コマンドラインを使用してマネージドクラスターセットバインディングを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. yaml ファイルに ManagedClusterSetBinding リソースを作成します。クラスターセットバインディングの作成時には、クラスターセットバインディング名と、バインドするマネージドクラスターセット名を一致させる必要があります。ManagedClusterSetBinding リソースは、以下の情報のようになります。

    apiVersion: cluster.open-cluster-management.io/v1beta1
    kind: ManagedClusterSetBinding
    metadata:
      namespace: project1
      name: clusterset1
    spec:
      clusterSet: clusterset1
  2. ターゲットのマネージドクラスターセットでのバインド権限を割り当てておく必要があります。以下の ClusterRole リソースの例を確認してください。この例には、ユーザーが clusterset1 にバインドできるように、複数のルールが含まれています。

    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: ClusterRole
    metadata:
      name: clusterrole1
    rules:
      - apiGroups: ["cluster.open-cluster-management.io"]
        resources: ["managedclustersets/bind"]
        resourceNames: ["clusterset1"]
        verbs: ["create"]