Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.14.3.2. コマンドラインを使用した ManagedClusterSet へのクラスターの追加

コマンドラインを使用してクラスターをマネージドクラスターに追加するには、以下の手順を実行します。

  1. managedclustersets/join の仮想サブリソースに作成できるように、RBAC ClusterRole エントリーが追加されていることを確認します。このパーミッションがない場合は、マネージドクラスターを ManagedClusterSet に割り当てることはできません。

    このエントリーが存在しない場合は、yaml ファイルに追加します。サンプルエントリーは以下の内容のようになります。

    kind: ClusterRole
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    metadata:
      name: clusterrole1
    rules:
      - apiGroups: ["cluster.open-cluster-management.io"]
        resources: ["managedclustersets/join"]
        resourceNames: ["<clusterset1>"]
        verbs: ["create"]

    clusterset1ManagedClusterSet の名前に置き換えます。

    注記: マネージドクラスターを別の ManagedClusterSet に移動する場合には、マネージドクラスターセット両方でパーミッションの設定が必要です。

  2. yaml ファイルでマネージドクラスターの定義を検索します。ラベルの追加先のマネージドクラスター定義のセクションは、以下の内容のようになります。

    apiVersion: cluster.open-cluster-management.io/v1
    kind: ManagedCluster
    metadata:
      name: cluster1
    spec:
      hubAcceptsClient: true

    この例では、cluster1 はマネージドクラスターの名前です。

  3. ManagedClusterSet の名前を cluster.open-cluster-management.io/clusterset: clusterset1 形式で指定してラベルを追加します。

    コードは以下の例のようになります。

    apiVersion: cluster.open-cluster-management.io/v1
    kind: ManagedCluster
    metadata:
      name: cluster1
      labels:
        cluster.open-cluster-management.io/clusterset: clusterset1
    spec:
      hubAcceptsClient: true

    この例では、cluster1 は、clusterset1 のマネージドクラスターセット名に追加するクラスターです。

    注記: マネージドクラスターが削除済みのマネージドクラスターセットにこれまでに割り当てられていた場合は、すでに存在しないクラスターが指定されたマネージドクラスターセットがマネージドクラスターに設定されている可能性があります。その場合は、名前を新しい名前に置き換えます。