Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Web コンソール

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes 2.4

コンソールコンポーネントの使用方法

概要

コンソールコンポーネントの使用方法をご覧ください。

第1章 Web コンソール

Red Hat Advanced Cluster Management コンソールにアクセスする方法とコンソールのコンポーネントの使用方法を説明します。

1.1. コンソールへのアクセス

Red Hat OpenShift Container Platform の Web コンソールから Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes のコンソールにアクセスできます。コンソールには、インストール後にターミナルからもアクセスできます。以下で、コンソールへのアクセス方法すべてを確認してください。

1.1.1. OpenShift Container Platform Web コンソールからのアクセス

  • OpenShift Container Platform 4.8 以降では、ナビゲーションメニューの近くにあるパースペクティブスイッチャーから Red Hat Advanced Cluster Management を起動できます。
  • OpenShift Container Platform の以前のバージョンでは、ヘッダーの アプリケーションランチャー をクリックして、Red Hat Advanced Cluster Managementfor Kubernetes オプションを選択できます。
  • 左側のナビゲーションからコンソールにアクセスすることもできます。

    • Networking > Routes をクリックします。
    • Project メニューから、Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes がインストールされている namespace を選択します。デフォルトの名前空間は open-cluster-management です。
    • Location 列から multicloud-console URL をクリックします。

1.1.2. Red Hat OpenShift CLI からのアクセス

  1. Red Hat OpenShift Container Platform にログインし、Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes をインストールしたら、以下のコマンドを実行してルートを検索します。ここでは、<namespace-from-install> は当製品をインストールした namespace に置き換えます。
  oc get routes -n <namespace-from-install>
  1. open-cluster-management 名と Host/Port コラムを探し出して、URL を取得します。

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールの詳細は、「Web コンソール」を参照してください。

1.2. コンソールの概要

コンソールの表示、管理、またはカスタマイズに使用可能なコンソールのコンポーネントについて説明します。

以下で Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールの ナビゲーション の画像を参照してください。このコンソールについては、後続の各セクションで詳細を説明します。ナビゲーションに、主要な実稼働機能があることが分かります。

Navigation

注記: Visual Web ターミナルは本リリースで削除され、インフラストラクチャー 環境 は Infrastructure からの追加タブになります。

1.2.1. コンソールのコンポーネント

検索の詳細は、「コンソールでの検索」を参照してください。

1.2.2. ホーム

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes の Home ページから、製品の詳細情報を取得でき、ヘッダー機能や製品の主要なコンポーネントのページにアクセスできます。

  • Welcome ページおよび Overview にアクセスすると、クラスターを可視化できます。

    以下のようなクラスター情報を 概要 ダッシュボードで表示できます。

    • マネージドクラスターからのメトリクスデータ (Grafana リンクを選択)
    • 全クラスターおよびプロバイダー別のクラスター、ノード、Pod 数
    • クラスターのステータス
    • クラスターのコンプライアンス
    • Pod のステータス

また、ダッシュボードにはクリック可能な要素が含まれており、この要素から関連のリソースの検索を表示できます。プロバイダーカードをクリックすると、単一プロバイダーからクラスターの情報が表示されます。

  • Grafana を選択して Grafana ダッシュボードにアクセスします。
  • Clusters ページで Add provider connections タブを選択します。

1.2.3. インフラストラクチャー

クラスター から新規クラスターを作成したり、既存のクラスターをインポートしたりできます。ベアメタルアセット からアセットを作成してインポートできます。Automation から Ansible テンプレートを作成できます。

クラスター の管理に関する詳細は、『Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes でのクラスター の管理』を参照してください。

さらに、「 ベアメタルアセットの作成および変更」およびマネージドクラスターで実行する Ansible Tower タスクの設定」を参照してください

1.2.4. アプリケーション

Create application をクリックして .yaml ファイルを編集し、アプリケーションを作成します。Overview および Advanced configuration をクリックして、各アプリケーションの情報を表示します。アプリケーションリソースの詳細は、アプリケーションの管理 を参照してください。

1.2.5. ガバナンス

Governance ダッシュボードで、ポリシーとポリシーコントローラーを作成して管理します。Create policy をクリックして .yaml ファイルを編集し、アプリケーションを作成します。詳細は、ガバナンス を参照してください。

1.2.6. 認証情報

認証情報を表示し、Add credential をクリックして新規クラウドプロバイダーの認証情報を選択して追加します。

1.3. コンソールでの検索

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes では、検索機能でクラスター全体の Kubernetes リソースを視認できるようにします。検索すると、Kubernetes リソースや関係を他のリソースにインデックス化します。ストレージクラスおよびストレージサイズを変更する必要がある場合は、searchcustomization カスタムリソース (CR) を作成して、検索永続性のストレージ設定を定義できます。

1.3.1. 検索コンポーネント

検索アーキテクチャーは、以下のコンポーネントで構成されています。

  • collector: Kubernetes リソースを監視し、インデックスを作成します。search-collector は、マネージドクラスター内のリソースの関係を計算します。
  • aggregator: コレクターからデータを受け取り、データベースに書き込みます。search-aggregator は、ハブクラスターのリソースを監視し、マルチクラスターの関係を計算して、接続されたコレクターからのアクティビティーを追跡します。
  • Search API: 検索インデックスでデータにアクセスできるようにして、ロールベースのアクセス制御を有効にします。

検索はデフォルトで有効となっています。また、マネージドクラスターのプロビジョニングまたは手動でのインポート時にも検索が有効です。マネージドクラスターの検索を無効にする場合は、クラスターの klusterlet アドオン設定の変更 を参照してください。

1.3.2. 検索カスタマイズ

Red Hat Advanced Cluster Management をインストールすると、インメモリーデータをファイルシステムに永続化するように製品が設定されます。StatefulSet search-redisgraph は Redisgraph Pod をデプロイし、これは persist という名前の永続ボリュームをマウントします。クラスターにデフォルトのストレージクラスが定義されている場合、検索コンポーネントはデフォルトのストレージクラスに 10Gi の Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) を作成します。デフォルトのストレージクラスがクラスターに存在しない場合は、検索によりインデックスが空のディレクトリー (emptyDir) に保存されます。

searchcustomization CR を作成して、検索用のストレージ設定をカスタマイズできます。検索カスタマイズは namespace にスコープ指定され、検索がハブクラスターにインストールされている場所にあります。検索カスタマイズ CR の以下の例を確認してください。

apiVersion: search.open-cluster-management.io/v1alpha1
kind: SearchCustomization
metadata:
  name: searchcustomization
  namespace: open-cluster-management
spec:
  persistence: true
  storageClass: gp2
  storageSize: 12Gi

以下のコマンドを実行して、検索カスタマイズ CRD を表示します。

oc get crd searchcustomizations.search.open-cluster-management.io -o yaml

カスタマイズ CR の persistence フラグを false に更新し、永続性を無効にすると、検索インデックスのファイルシステムへの保存がオフになります。永続性のステータスは、検索 Operator (searchoperator) CR から取得されます。以下のコマンドを実行して検索 Operator CR を表示します (oc get searchoperator searchoperator -o yaml)。

1.3.2.1. 再ディスグラフメモリーを増やすためのオプション

再ディスグラフは、オブジェクトの数がキャッシュされるにつれてメモリーを直線的に増やす必要があるインメモリーデータベースです。多くのマネージドクラスターまたは多数の Kubernetes オブジェクトを含む Red Hat Advanced Cluster Management クラスターでは、redisgraph Pod のメモリー更新を制限する必要があります ( search-redisgraph-0)。

デフォルトでは redisgraph Pod (search-redisgraph-0) は、メモリーの上限が 4Gi としてデプロイされます。サイズの大きいクラスターを管理する場合には、ハブクラスターの namespace で searchoperatorredisgraph_resource.limit_memory を編集して、この上限を増やす必要があります。たとえば、次のコマンドを使用して上限を 8Gi に更新できます。

oc patch searchoperator searchoperator --type='merge' -p '{"spec":{"redisgraph_resource":{"limit_memory":"8Gi"}}}'

変更が行われると、search-redisgraph Pod は更新された設定で自動的に再起動します。

1.3.3. コンソールでのクエリー

検索ボックス にテキスト値を入力すると、名前や namespace などのプロパティーからのその値が含まれる結果が表示されます。空白のスペースを含む値の検索はできません。

検索結果をさらに絞り込むには、検索にプロパティーセレクターを追加します。プロパティーに関連する値を組み合わせて、検索範囲をより正確に指定できます。たとえば、cluster:dev red と検索すると、dev クラスター内で "red" の文字列と一致する結果が返されます。

以下の手順に従って、検索でクエリーを実行します。

  1. ナビゲーションメニューの 検索 をクリックします。
  2. Search box に単語を入力すると、検索機能で、対象の値が含まれたリソースを見つけ出します。

    • リソースを検索すると、元の検索結果に関連する他のリソースが表示されるので、リソースがシステム内にある他のリソースとどのように対話するのかを視覚的に確認できます。
    • 検索すると、各クラスターと、検索したリソースが返され、一覧表示されます。ハブ クラスターのリソースの場合には、クラスター名は local-cluster として表示されます。
    • 検索結果は、kind でグループ化され、リソースの kind ごとに表でグループ化されます。
    • 検索オプションはクラスターオブジェクトにより異なります。特定のラベルで結果を絞り込むことができます。ラベルのクエリー時の検索は、大文字と小文字が区別されます。以下の 名前、namespace、ステータス、その他のリソースフィールドの例を参照してください。自動補完では、補完候補を表示して検索を絞り込むことができます。以下の例を参照してください。

      • kind:pod など、フィールド 1 つを検索すると、Pod リソースすべてが返されます。
      • kind:pod namespace:default など、複数のフィールドを検索すると、デフォルトの namespace にある Pod が返されます。

    注記:

    • >, >=, <, <=, != などの文字を使用して、条件を指定した検索も可能です。
    • 複数の値を含む複数のプロパティーセレクターを検索すると、クエリーされた値のいずれかを返します。以下の例を参照してください。

      • kind:pod name:a と検索すると、a という名前の Pod が返されます。
      • kind:pod name:a,b と検索すると、a または b という名前の Pod が返されます。
      • kind:pod status:!Running を検索すると、ステータスが Running ではない Pod リソースすべてが返されます。
      • kind:pod restarts:>1 を検索すると、最低でも 2 回再起動した全 Pod が返されます。
  3. 検索を保存する場合は、Save search アイコンをクリックします。

1.3.3.1. ArgoCD アプリケーションのクエリー

ArgoCD アプリケーションを検索すると、Applications ページに移動します。Search ページから ArgoCD アプリケーションにアクセスするには、以下の手順を実行します。

  1. Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターにログインします。
  2. コンソールヘッダーから Search アイコンを選択します。
  3. kind:application および apigroup:argoproj.ioの値でクエリーをフィルターします。
  4. 表示するアプリケーションを選択します。アプリケーション ページでは、アプリケーションに関する情報の概要が表示されます。

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes コンソールの詳細は、「Web コンソール」を参照してください。