第6章 ベアメタルアセットの作成および変更

ベアメタルアセットとは、OpenShift Container Platform クラスターで実行されるように設定する仮想サーバーまたは物理サーバーです。Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes は管理者が作成するベアメタルアセットに接続できます。ベアメタルアセットはマネージドクラスターにデプロイできます。

ハブクラスターのインベントリーコントローラーは、ベアメタルのアセットのインベントリーレコードを保持する BareMetalAsset というカスタムリソース定義 (CRD) を定義します。マネージドクラスターをプロビジョニングする場合には、インベントリーコントローラーは、マネージドクラスター内にある対応する BareMetalHost リソースと、BareMetalAsset インベントリーレコードを調整します。

Red Hat Advanced Cluster Management は BareMetalAsset CR を使用して、設定管理データベース (CMDB) または同様のシステムで入力したレコードに基づいてクラスターハードウェアをプロビジョニングします。外部ツールまたは自動化は CMDB をポーリングし、Red Hat Advanced Cluster Management API を使用して、マネージドクラスターでの後続のデプロイメントに備え、対応する BareMetalAssetSecret リソースをハブクラスターに作成します。

以下の手順を使用して、Red Hat Advanced Cluster Management が管理するクラスターのベアメタルアセットを作成して管理します。

6.1. 前提条件

ベアメタルアセットを作成する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • OpenShift Container Platform バージョン 4.6 以降に、Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターをデプロイしておく。
  • Red Hat Advanced Cluster Management ハブクラスターがベアメタルアセットに接続できるようにアクセスを設定しておく。
  • ベアメタルアセットおよび、ベアメタルアセットへのログインまたは管理に必要なパーミッションを指定したログイン認証情報を設定しておく。

    注記: ベアメタルアセットの認証情報には、管理者が提供するアセットの項目 (ユーザー名、パスワード、 Baseboard Management Controller (BMC) アドレス の起動 NIC MAC アドレス) が含まれます。