Menu Close

第10章 Oracle Database を使用した 3scale システムイメージの設定

注記
  • テンプレートベースで 3scale のインストールを実行する場合には、Oracle Database は OpenShift Container Platform (OCP) 3.11 のみでサポートされます。
  • operator のみで 3scale のインストールを実行する場合には、Oracle Database は OCP のバージョン 4.2 および 4.3 ではサポートされません。
  • サポート対象構成の情報については、「Red Hat 3scale API Management Supported Configurations」のアーティクルを参照してください。

本セクションでは、Red Hat 3scale API Management の管理者が Oracle Database を使用して 3scale のシステムイメージを設定する方法を説明します。デフォルトでは、3scale 2.8 には設定データを MySQL データベースに保管する system というコンポーネントが含まれています。このデフォルトのデータベースをオーバーライドし、情報を外部の Oracle Database に保管することができます。本章の手順に従って、独自の Oracle Database クライアントバイナリーでカスタムのシステムコンテナーイメージをビルドし、3scale を OpenShift にデプロイします。

前提条件

以下の Oracle ソフトウェアコンポーネントの サポート対象バージョン

  • Oracle Instant Client パッケージ: Basic または Basic Light
  • Oracle Instant Client パッケージ: SDK
  • Oracle Instant Client パッケージ: ODBC

パッケージの例

  • instantclient-basiclite-linux.x64-12.2.0.1.0.zip または instantclient-basic-linux.x64-12.2.0.1.0.zip
  • instantclient-sdk-linux.x64-12.2.0.1.0.zip
  • instantclient-odbc-linux.x64-12.2.0.1.0-2.zip

Oracle Database を使用して 3scale のシステムイメージを設定するには、以下のセクションに概略を示す手順を実施します。

10.1. Oracle Database の準備

本セクションでは、Oracle Database を準備する手順を説明します。

前提条件

  • OpenShift クラスターからアクセスできる Oracle Database の サポート対象バージョン
  • インストール手順に必要な Oracle Database の system ユーザーへのアクセス
  • 3scale 2.8 amp.yml テンプレート

手順

  1. 新しいデータベースを作成します。

    Oracle Database が 3scale と動作するようにするには、以下の設定が必要です。

    ALTER SYSTEM SET max_string_size=extended SCOPE=SPFILE;
    ALTER SYSTEM SET compatible='12.2.0.1' SCOPE=SPFILE;
  2. データベースの詳細を収集します。

    3scale の設定に必要な以下の情報を取得します。

    • Oracle Database の URL
    • Oracle Database の サービス名
    • Oracle Database の システム のパスワード

      DATABASE_URLパラメーターは、oracle-enhanced://${user}:${password}@${host}:${port}/${database} の形式にする必要があります。

DATABASE_URL="oracle-enhanced://user:password@my-oracle-database.com:1521/threescalepdb"

その他のリソース