Menu Close

第3章 Red Hat OpenShift 上での APIcast の実行

本チュートリアルでは、Red Hat OpenShift に APIcast API ゲートウェイをデプロイする方法について説明します。

前提条件

  • 2章Installing APIcast」に従って、Red Hat 3scale API Management 管理ポータルで APIcast を設定する必要があります。
  • インテグレーション設定でデプロイメントオプションに Self-managed Gateway が選択されていることを確認してください。
  • 手順を進めるには、ステージング環境と実稼働環境の両方を設定している必要があります。

Red Hat OpenShift 上で APIcast を実行するには、以下のセクションに概略を示す手順を実施します。

3.1. Red Hat OpenShift の設定

OpenShift クラスターが稼働中である場合は、本セクションを省略できます。稼働中でなければ、以下の手順に従ってください。

実稼働デプロイメントの場合は、OpenShift のインストール手順 に従います。

本チュートリアルでは、OpenShift クラスターは以下を使用してインストールされます。

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7
  • Docker コンテナー環境 (v1.10.3)
  • OpenShift Origin コマンドラインインターフェース (CLI) v1.3.1

以下のセクションを使用して、Red Hat OpenShift を設定します。

3.1.1. Docker コンテナー環境のインストール

Red Hat が提供する Docker 形式のコンテナーイメージは、RHEL の Extras チャンネルの一部としてリリースされています。追加のリポジトリーを有効にするには、Subscription Manager または yum-config-manager を使用できます。詳細は、RHEL の製品ドキュメント を参照してください。

AWS EC2 インスタンスにデプロイされた RHEL 7 では、以下の手順を使用します。

手順

  1. すべてのリポジトリーを一覧表示します。

    sudo yum repolist all
  2. *-extras リポジトリーを探し、有効にします。

    sudo yum-config-manager --enable rhui-REGION-rhel-server-extras
  3. Docker 形式のコンテナーイメージをインストールします。

    sudo yum install docker docker-registry
  4. /etc/sysconfig/docker ファイルに以下の行を追加するか、アンコメントして、172.30.0.0/16 のセキュアでないレジストリーを追加します。

    INSECURE_REGISTRY='--insecure-registry 172.30.0.0/16'
  5. Docker サービスを開始します。

    sudo systemctl start docker
  6. 以下のコマンドを使用して、コンテナーサービスが動作中であることを確認します。

    sudo systemctl status docker

3.1.2. OpenShift クラスターの起動

OpenShift クラスターを起動するには、以下の手順を実施します。

手順

  1. OpenShift リリースページ から、クライアントツールの最新の安定版リリース (openshift-origin-client-tools-VERSION-linux-64bit.tar.gz) をダウンロードし、アーカイブから抽出した Linux oc バイナリーを PATH に置きます。

    注記

    docker コマンドは root ユーザーとして実行されるため、oc または docker コマンドはすべて root 権限で実行する必要があります。

  2. docker コマンドを実行する権限のあるユーザーでターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

    oc cluster up

    出力の最後に、デプロイされたクラスターの情報が表示されます。

        -- Server Information ...
          OpenShift server started.
          The server is accessible via web console at:
          https://172.30.0.112:8443
    
          You are logged in as:
            User:     developer
            Password: developer
    
          To login as administrator:
            oc login -u system:admin
  3. OpenShift サーバーに割り当てられた IP アドレスを書き留めておきます。本チュートリアルでは OPENSHIFT-SERVER-IP をその IP アドレスに置き換えてください。

3.1.3. リモートサーバーでの OpenShift クラスターの設定 (任意)

OpenShift クラスターをリモートサーバーにデプロイする場合、クラスターの起動時にパブリックホスト名とルーティング接尾辞を明示的に指定し、OpenShift Web コンソールへリモートアクセスできるようにする必要があります。

たとえば、AWS EC2 インスタンスでデプロイする場合は、以下のオプションを指定する必要があります。

oc cluster up --public-hostname=ec2-54-321-67-89.compute-1.amazonaws.com --routing-suffix=54.321.67.89.xip.io

ec2-54-321-67-89.compute-1.amazonaws.com はパブリックドメイン、54.321.67.89 はインスタンスの IP アドレスに置き換えます。これにより、https://ec2-54-321-67-89.compute-1.amazonaws.com:8443 で OpenShift Web コンソールにアクセスできるようになります。