Menu Close

6.2. OLM を使用した 3scale operator のインストールと設定

OLM を使用して、OpenShift Container Platform 4.1 クラスターに 3scale operator をインストールします。この際に、OpenShift Container Platform コンソールの OperatorHub を使用します。

注記

「新しい OpenShift プロジェクトの作成」で定義したプロジェクトに 3scale operator をインストールおよびデプロイする必要があります。

手順

  1. OpenShift Container Platform コンソールにおいて、管理者権限を持つアカウントを使用してログインします。
  2. メニュー構造は、使用している OpenShift のバージョンによって異なります。

    • OCP 4.1 の場合は、Catalog > OperatorHub の順にクリックします。
    • OCP 4.2 の場合は、Operators > OperatorHub の順にクリックします。
  3. Filter by keyword ボックスに 3scale operator と入力し、3scale operator を検索します。
  4. 3scale operator をクリックします。operator に関する情報が表示されます。
  5. operator に関する情報を確認し、Install をクリックします。Create Operator Subscription ページが表示されます。
  6. Create Operator Subscription ページで、すべてのデフォルト設定を受け入れ Subscribe をクリックします。

    注記

    operator は、選択したクラスター上の特定の単一 namespace でしか使用することができません。

    3scale-operator の詳細ページが表示されるので、Subscription Overview を確認します。

  7. サブスクリプションの upgrade statusUp to date と表示されていることを確認します。
  8. 3scale operator の ClusterServiceVersion (CSV) が表示され、「新しい OpenShift プロジェクトの作成」で定義したプロジェクトで operator の Status が最終的に InstallSucceeded となるのを確認します。

    • OCP 4.1 の場合は、Catalog > Installed Operators の順にクリックします。
    • OCP 4.2 の場合は、Operators > Installed Operators の順にクリックします。この場合、インストールに成功すると、APIManager CRD および operator の Capabilities 機能に関連する CRD が OpenShift API サーバー に登録されます。
  9. インストールが正常に完了したら、oc get を使用して CRD によって定義されたリソースタイプのクエリーを行います。

    1. たとえば、APIManager CRD が適切に登録されたことを確認するには、以下のコマンドを実行します。

      oc get apimanagers
  10. 以下の出力が表示されるはずです。

    No resources found.

関連情報