Menu Close

1.4.5. Amazon Simple Storage Service を使用した 3scale のデプロイ

Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)を使用した 3scale のデプロイは、オプションの手順です。以下の手順を使用して、Amazon S3 と共に 3scale をデプロイします。

手順

  1. Download amp-s3.yml
  2. 端末セッションから OpenShift にログインします。

    oc login
  3. プロジェクトを選択するか新しいプロジェクトを作成します。

    oc project <project_name>

    あるいは

oc new-project <project_name>
  1. Oc new-app コマンドを入力します。

    • --file オプションを使用して、amp-s3.yml ファイルへのパスを指定します。
    • 以下の値を使用して --param オプションを指定します。
    • WILDCARD_DOMAIN: パラメーターは OpenShift クラスターのドメインに設定されます。
    • AWS_BUCKET: ターゲットバケット名
    • AWS_ACCESS_KEY_ID: AWS の認証情報 ID。
    • AWS_SECRET_ACCESS_KEY: AWS 認証情報 KEY。
    • AWS_REGION: バケットの AWS : リージョンと共に
    • AWS_HOSTNAME: デフォルト: Amazon エンドポイント - AWS S3 と互換性のあるプロバイダーエンドポイントホスト名。
    • AWS_PROTOCOL: デフォルト: HTTPS - AWS S3 と互換性のあるプロバイダーエンドポイントプロトコル。
    • AWS_PATH_STYLE: Default: false - true に設定すると、バケット名は常に要求 URI に残り、サブドメインとしてホストに移動されることはありません。
    • オプションで TENANT_NAME パラメーターに --param オプションを指定して、管理ポータルのカスタム名を設定します。省略した場合、デフォルトは 3scale に設定されます。

      oc new-app --file /path/to/amp-s3.yml \
      	--param WILDCARD_DOMAIN=<a-domain-that-resolves-to-your-ocp-cluster.com> \
      	--param TENANT_NAME=3scale \
      	--param AWS_ACCESS_KEY_ID=<your-aws-access-key-id> \
      	--param AWS_SECRET_ACCESS_KEY=<your-aws-access-key-secret> \
      	--param AWS_BUCKET=<your-target-bucket-name> \
      	--param AWS_REGION=<your-aws-bucket-region> \
      	--param FILE_UPLOAD_STORAGE=s3

      ターミナルには、マスターおよびテナント URL と、新たに作成された 3scale 管理ポータルのクレデンシャルが表示されます。この出力には以下の情報が含まれます。

    • マスター管理者のユーザー名
    • マスターのパスワード
    • マスターのトークン情報
    • テナントのユーザー名
    • テナントのパスワード
    • テナントのトークン情報
  2. https://user-admin.3scale-project.example.com に admin/xXxXyz123 としてログインします。

    ...
    
    * With parameters:
     * ADMIN_PASSWORD=xXxXyz123 # generated
     * ADMIN_USERNAME=admin
     * TENANT_NAME=user
     ...
    
     * MASTER_NAME=master
     * MASTER_USER=master
     * MASTER_PASSWORD=xXxXyz123 # generated
     ...
    
    --> Success
    Access your application via route 'user-admin.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'master-admin.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'backend-user.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'user.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'api-user-apicast-staging.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'api-user-apicast-production.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'apicast-wildcard.3scale-project.example.com'
    
    ...
  3. 後で確認できるようにするため、詳細を書き留めておきます。
  4. 以下のコマンドが返すと、OpenShift での 3scale デプロイメントは正常に行われます。

    oc wait --for=condition=available --timeout=-1s $(oc get dc --output=name)
    注記

    OpenShift での 3scale デプロイメントに成功すると、ログインクレデンシャルが有効です。